2007年07月31日

第111回「人造美女は可能か」巽孝之・荻野アンナ編、慶應義塾大学出版会

本書は2005年12月慶応大学文学部で行われた立仙順朗教授の退任記念シンポジウムの結果を一冊の本にまとめあげたものである。何をやりたいのかぱっと見さっぱりわからないタイトルだが中身はしっかりとした文学的研究書だ、ただ扱っているものがマラルメやジュール・ヴェルヌ、ポオにナボコフといったガチガチの面々から綾波レイに攻殻機動隊、ローゼンメイデンともうめちゃくちゃ範囲が広いということだけ、一般的な文学書とはかなり体裁を異にしている。

そんな本なので読む側に求められる予備知識もかなり幅広く、相当に読者層は狭いと思う。その分、自分のようなその狭い層に当てはまる人種にはたまらなくおもしろい本だ。ロマン主義芸術に登場する倒錯的な女性美と現代ヲタク文化の共通点を探っていったらおもしろいだろうな、とは思っていたが、まさかそれがこんなにも早く、こんなにも豪華メンバーで実現されるとは思いもよらなかった。

退任なさる立仙順朗教授はこの本を書くためにわざわざアリプロを聞き、攻殻を見、アキバにも踏み込んだとか。マラルメ研究者にそこまでされると、我々ヲタクの側がありがたすぎて恐縮してしまいそうだ。そしてきちんとそれを分析し本にしてしまったことに対しては、もう敬意を表するしかない。

このシンポジウムの、そしてこの本の最大の目玉は、アリプロの宝野アリカ女史が参加していることだろう。彼女のゴスロリ少女論はほとんど自分の思っているところと共通していてなんだか安心した。あれだけ情報の濃い歌詞を書いているんだから相当博識に違いないと思っていたが、さすがだ。まあそれでも、彼女の文章がこの本ではやや浮いていたというか、全く研究論文らしくないことは否めないが。

なんと言うか、慶応大学を見直した。うちでもこういうぶっ飛んだことやらないかなあ。私信としては、同じく狭い分野に生きているだろう人たちに是非手にとって貰いたい品である。



人造美女は可能か?
  

Posted by dg_law at 12:00Comments(2)TrackBack(0)

2007年07月26日

一騒動過ぎ去って

ある朝、いつものようにパソコンをつけ、ブログを書こうとして訪問者数を見たら三十倍に増えていた。全く何が起こったかわからない、そんな感覚だった。それからここ一週間は生きた心地がしなかった、7/12-16五日間の合計訪問者数が普段のブログの十ヶ月分の訪問者数とか、どう考えても異常である。(ちなみに、昨日の訪問者数は7/11以前の約3倍)

調べてみると、いろいろな大手さんからリンクをしていただいたが、やはり格別に嬉しかったのは「独り言以外の何か」「カトゆー家断絶」「はうにぶー(みやま零)」の三つか。「独り言」さんは似たような趣味の持ち主だし、「カトゆー」はいわずと知れた超大手、みやま御大はそりゃもう御大ですから。

今回思ったのはまず、はてブのネットワークを甘く見ていたということ。当ブログがライブドアであるにもかかわらず、はてなのキーワード検索「エロゲ」に登録されていたことがそもそもの発端であり、そこから「マンガ☆ライフ」さんに捕捉されて広がっていった。ちょうど近々コミュニティ論を書こうかと思っていたから、いい経験になったかもしれない。

次に、うちが火種になってエロゲ○○選が増えたということ。これまで幾度か店頭POP等ではあったが、個人ブログ間では珍しいムーブメントだったのではないだろうか。皆脳内にはあったのだけれどきっかけと覚悟が無かったのではないか。自分自身、あれを作るときけっこうな不安があった、「大それた選別になってはいないか」と。ゆえに「?」をつけ、あのような前提条件を設置したのではあるが。幸いにして「?」の部分も含めて伝播していったようだから、誤解も少なくてすんだのだろう。

一方で「マイナーなエロゲから選出したと書いてある割りにマイナーじゃない」という意見も散見されたが、一理ある。あの中で本気でマイナーと言えるのはセイレムとカタハネくらいなものだろう(螺旋回廊とMOON.が境界線上か)。まず、あまりにもマイナーだと私がやっていない。また、究極的に評価なんてものは好みと質の妥協点とはいえ、評判と評価と質に相関関係が無いわけではない。ゆえに、超マイナーなものは外させてもらったという経緯がある。後付で悪いが、そこは御理解いただきたいところだ。

最後に、やはりヲタネタは強いということ。当該記事のコメント欄でもちらっと書いたが、うちのブログとしては特別力を入れて書いた記事ではなく、なぜこれが?という疑問は今でもある。基本的にここは私が何でも発表したいことはする、特定の話題で連続して書かない、ということを既定路線にしている以上、ヲタネタだけこれだけ取り上げられて騒がれるのは、少々複雑な気分である。

やはりどっちかといえば、美術館レポートや哲学ネタにツッコミを入れて欲しい(政治ネタは不毛になることが多いのでどっちでもいいが)。幸いにして、リンク先の面々はそういった方面にツッコミを入れてくれる方々であるし、いつも巡回してくださる方々もそういう期待をしてくれているのだろうが、一見さんにそれを期待するのは酷か。

「独り言」さんにリンクお礼のコメントを打ったときにも書いたが、美術というものは怖いものではない。愛をもって接すればマンガやゲームと変わらない、感動や驚き、笑いを与えてくれるものである。そんな使命めいたものを思い起こさせる事件であった。  
Posted by dg_law at 12:00Comments(0)TrackBack(0)

2007年07月22日

復活とはいいがたい

初日に朝青龍が負けたとき、正直朝青龍今場所終わったなと思った。白鵬と琴光喜の共通点、それはガラスのハートである。二人ともプレッシャーのかかった取り組みになると急激に弱くなる。もっと正確に言えば、立ち合いが固すぎる、その後の動きはまだマシなのだが。

琴光喜は今場所、あのノミの心臓でよく耐えたと思う。やはり、朝青龍に負けた翌日、千代大海に勝った一番が今場所最大の出来だったと思う。地力は朝青龍よりも強いんじゃないか。これで精神が普通の力士並なら、五年前にはもう横綱になっていたはずなのだが、世の中そううまくはいかない。

それよりも白鵬がふがいなさすぎた。同体取り直しになった、あの魁皇との取り組みからしてもう動きがおかしかった。あれは確かに同体取り直しの判定で正しいとは思うからあれを盛り上げるための協会の配慮だの言うつもりは無いが、単に魁皇の報われなさがかわいそうだ。そのあとの千代大海、朝青龍戦も立ち合いからして気合が抜けていた。

今場所は朝青龍が強かったというよりも、周囲がプレッシャーに負けて自滅していった感が強い。それ以外の上位陣も怪我で本調子ではなかった。故にけしてレベルの高い場所ではなかったが、逆におもしろい取り組みは多かったように思う。来場所はこれで魁皇が休場(九州場所で引退か)、代わりに琴光喜が大関に昇進する。上位陣の様相がかなり変化するが、どうなるのか見物である。



  続きを読む
Posted by dg_law at 20:08Comments(0)

2007年07月17日

ここにも昔中田がいたね

西洋美術館のパルマ展に行ってきた。パルマといえばチーズとハムだが、もちろん美術史上でもかかせない都市である。今回持ってこられたのはパルマが特に芸術的に輝いていた16-17cの名品たちである。時代的にはマニエリスムからバロック期ということになるだろう。

マニエリスムというのは直訳すれば技巧的という意味で、まあいろんな意味で偏執的な趣味のことを指す。第二次世界大戦前くらいまでの美術史ではバロックの初期とされていたようだが、あまりにも盛期バロックとは違うということで区別されるようになったようだ。ミケランジェロがマニエリスムの始まりで、カラヴァッジョが終わりくらいだと思う。一番有名なのは、エル・グレコか。

私はマニエリスムもけっこう好きである。あのななめった感じが耐えられないという話は聞くし、それも致し方なしと思うが、あの極端さはそれだけで一つの芸術であると思う、美しいかどうかは別にして。そしてああいったものがルネサンスの直後に誕生したということは、歴史というのはやはり反発の歴史なんだろうなということを感じさせる。

前半はメインがコレッジョで、彼がルネサンス様式からだんだんうねっていく様子が見て取れる。ただし彼の大作は壁画・天井画なわけで、本当に見たければぜひパルマへ!と言わんばかりに写真が掲載されていた。やっぱ行かなきゃダメかなあ。

凸面鏡の自画像で有名なパルミジャニーノもけっこう来ていた(やはり「凸面鏡」という物そのものがマニエリスムの象徴なのだろう)。後はスケドーニという画家もおもしろかった。若くして亡くなっているのが惜しい。

後半はいろいろありつつもやはりカラッチ一族が目立った。美術史の友人Kがアンニーバレ・カラッチで卒論を書くらしいので、一緒に見て説明をしてもらった。カラッチといえばカラヴァッジョのライバルだが、アンニーバレはカラヴァッジョよりもさらに静謐な表現に長け、バロック古典主義というどっちやねんとツッコミを入れたくなるような新境地を開いた。確かにこうして大量のマニエリスムを見た後に見ると全然違うことが見て取れるだろう。大仰な身振りながら均整が取れている。なお、アンニーバレの従兄弟のルドヴィーコ・カラッチの作品もあったが、彼はまだまだマニエリスムを引きずっていて、一族でもいろいろあるもんだと思った。


ところで、パルマ展と言いつつナポリのカポディモンテ美術館から持ってきたものが多かった気がする。小佐野先生曰く、両シチリアとパルマ公国が同じスペイン系統(ブルボン家)の統治になった折、超名品に関してはナポリに持ち去ってしまった結果だという。こういうことはよくあることではあるが、相変わらず強引なもんだ。  
Posted by dg_law at 12:04Comments(2)TrackBack(0)

2007年07月07日

エロゲ名作選?

以前世界美術50選に文句を付けたときに、ta-kiにエロゲ版でも作れと言われたので作ってみた。しかしその際、その前提条件を設定するのに大変苦労した。最初は世間的な知名度とか評価の高さとかも考慮しようかと考えたが、その基準で50選作ると大変つまらないものが出来た。その上そもそも私はバルドフォースや戦国ランスなど、少しでも小説以外の要素が入ったものはプレイしていない。ゆえにこの基準では極めて偏りのあるものができてしまう。

ではいっそのこと、と趣味に走ったリストを作ることにした。その後もいろいろ悩んだ挙句、前提条件はいかのように設定することにする。


・葉鍵型月ロミオ丸戸ageひぐらし等の人気作品は排除。
・なるべく「エロゲらしさ」がテーマになっているようなゲーム。むしろその「エロゲらしさ」のせいで、他ジャンルに嫌悪されるようなエロゲ。
・非ヲタはおろか、他ジャンルのヲタも割とおいてけぼり。
・むしろ対象はエロゲ初心者から中級者。上級者への駆け上がり用か。
・非エロゲも一部アリ。


その結果20作品まで絞ることができた。これにFDとか周辺作品を入れたら30くらいになるだろうし、そこにメジャー作品を入れればちょうど50くらいになるのではないだろうか。それで50選ということにしておきたい。


1、智代アフター(KEY)
クラナドのFDながら、終盤の超展開ゆえに敬遠されがちなゲーム。だがちょっと待ってほしい。Kanon、AIR、CLANNADだけではまだ鍵ゲー特有の「残酷さ」が足りないのだ。短いが表現はストレート。その分解釈は難しいかもしれない(Kanon>CLANNAD>>MOON>智代アフター>AIR>ONEだと思う)。

2、MOON.(Tactics, KEY)
鍵の事実上の処女作(『同棲』は除く)。今の鍵からは考えられないエグさを誇る、元祖鬱ゲー。宗教を表立ったテーマに据え、陰惨な描写が続く。だが私はけして彼らが、売れるために陵辱色を強くしたとは思えない。まだ不器用で、鍵特有のテーマを伝えるには学園モノじゃ生ぬるいと判断したのではないか。その結果がONEだったのではないだろうか。そんな風に思うのである。なお、いたるの描く陵辱絵は意外とエロいので、そこにも注目か。


3、螺旋回廊1&2(ruf, age)
これも実は『MOON』と同様の理由でこのリストに入れた。とは言ってもageプレイヤーなら陰惨な描写でもどんと来いという感じではあるだろうが。他のage作品をプレイしてからこのゲームをやると、ageの原型が透けて見えておもしろい。

4、Phantom(Nitro+)
超有名じゃないかと言われればそれまでだが、その割に騒がれることの少ない作品。一般人にもお勧めという賞賛の言葉がこのゲームには常に送られている。ハードボイルドがエロゲとの親和性が高いことを証明した、偉大なる作品。

5、沙耶の唄(Nitro+)
これもエロゲ界隈では超有名作品だが、やはり名前がなかなか出てこない。純愛とは何だろうか、認識とは何だろうか、狂気とは何だろうか。ゲームは短いが深遠なテーマがここにはある。

6、サナララ(ねこねこソフト)
ねこねこソフトから一作。解散によりある種の伝説となったこのメーカーから何も上げないわけには行くまい。そう考えたときに、マイナー具合と評価の高さのギャップから行ってこれしかないだろう。ねこねこ作品では異色の原画を使ってはいるがやはり雰囲気はねこらしいものに仕上がっている。完成度はねこ作品随一だと思う。そしてこのゲームは片岡ともの跡継ぎ、すばらしいライター木緒なちが誕生した瞬間でもあった。

7、とらいあんぐるハート3(ivory, 都築真紀)
これも歴史的な古典として。今をときめく「なのは」はここから始まった。都築氏の独特の世界観は、とらハ1、2から全く変わっていない。3をやって気に入ったなら、ぜひ1と2もやってみてほしい。シナリオに起伏はあまり無いが、雰囲気がすばらしい。「泣けるとか、感動できるとか、萌えるとか、大作であるとか、傑作であるとかではない。ただただ、ずっとこの空気が続いて欲しいと思った、そんなシリーズだった。」という、エロゲ批評空間の有名なレビューをそのまま引用しておきたい。


8、わんことくらそう(ivory, 都築真紀)
とてもなのは1期と2期の間に出したとは思えないエロゲ。一見単なる獣耳ゲーなのだが、よくよく読んでいくと全くそんなことは無く、世界の裏側が見えれば見えるほど気分が悪くなっていくことだろう。実に都築氏の意地悪な一面が垣間見える作品だが、一方で都築氏のテーマは全くぶれていない。

9、遥かに仰ぎ、麗しの(PULL TOP)
別の記事で散々語ったのでそっちで。実にエロゲらしいエロゲであった。


10、はるのあしおと(minori)
現在の職業がNEETか、過去に失恋した経験のある人がやると実に自殺したくなるゲーム。かく言う自分も軽く死にたくなった。そういう意味では最強の鬱ゲーかもしれない。映画『秒速5センチメートル』とあわせてどうぞ。極めて秀逸なレビューがここにあるので、クリアした人は読んでみるといいと思う。

11、水月(F&C)
一見無駄に難しいだけの、衒学的なシナリオに仕上がっているが、それがわざとなのか偶然なのかは知らないが、その衒学性が逆にゲームの幻想的な雰囲気を作り出すことに成功している稀有なゲーム。あの雰囲気は一度味わう価値があるだろう。主人公は極めてダメ人間だが、君望の鳴海孝之と同様心理描写が細かいので許せる。老舗F&C、最後の花火。

12、月陽炎(すたじおみりす)
大正時代が舞台の珍しいゲーム。袴に萌えたければ必須。このゲームも雰囲気がたまらない。シナリオは後半超展開だが、そんなことはあまり気にならないだろう。何よりもこのゲームは主人公がかっこいい。昨今の情け無い主人公たちは彼を見習ってほしい(とライターに言いたい)。

13、いただきじゃんがりあんR(すたじおみりす)
これも別の記事で語っているのでそっちで。本当にバグの惜しいゲームだった。

14、セイレムの魔女たち(ruf)
「セイラームの魔女事件」という実在した事件を扱った、極めて珍しいゲーム。ゆえに舞台は17世紀末の新大陸となる。キリスト教プロテスタントの歪み、白人優越主義の歪みを正面切って挑んだ意欲作でシナリオもおもしろい。絵と音楽に恵まれれば、一世を風靡したのだろうが……

15、School Days(Over flow)
なんだかんだでこの業界の革新になったゲームだと思う。それはまずフルアニメーションは簡単に作れるということの証明。もう一つはヤンデレは許容されるということ。主人公も究極まで最低なら話題性になるということ。ヘタレとも鬼畜とも違った、「最低」な主人公を御堪能あれ。

16、彼女たちの流儀(130cm, みやま零)
耽美、退廃というテーマでならこのエロゲの右に出るゲームはなかなか無いだろう。荒削りでかなり改良すべきポイントはあるが、それでもこのリストに載せる価値があると判断できる。登場人物たちは本当に未成年で、不安定でわがままで、まさに「流儀」であった。マゾに目覚めそうになるゲームでもあった。

17、MinDeadBlood(Blackcyc)
エロ、グロ、ナンセンスを極めた作品。難易度も極悪。ある意味最もエロゲらしいエロゲと言えるかもしれないが、エロゲヲタ以外には全くといってお勧めできない。人格を疑われる。シナリオ本筋は燃える王道吸血鬼モノでこっちの出来もいいのだが、やはり注目すべきは大量にあるサブイベントか。東先生には、人間の想像力には限界が無いということを教えてもらうといい。

18、Quartett(little witch)
このゲームはそのシステムに注目が行く。漫画のようなコマ割りを使った文章の読ませ方は実に新しかった。ドイツを舞台にしたクラシック音楽を扱ったゲームという意味でも斬新で、音楽の美しいゲームだった。シナリオは平凡だが、そんなところにはケチをつける必要が無いだろう。

19、カタハネ(Tarte)
『アカイイト』と同様、究極の百合ゲー。百合には耽美という言葉以外与えることが出来ないし、歴史モノとしてもおもしろかった。詳しくはこの記事か。みりす同様、メーカーがつぶれたのが残念でならない。

20、二重影(ケロQ)
別に『終ノ空』でも良かったのだが、今更ノストラダムスの預言というのもなんだし、同じ系統ならば『沙耶の唄』のほうが優秀かなと思うので、ケロQ代表としてはこちらを挙げておく。バトルモノというよりは、推理モノとして普通にかなり優秀だと思うのだが、いかがだろうか。クリアしたら図書館に駆け込んで、子一時間古事記が読みたくなるようなゲームだった。


最後に、非18禁コンシューマ作品として。

21、アカイイト(SUCCESS)
『カタハネ』と並ぶ百合ゲーの双璧。優秀な百合作品の条件として「女性同士の恋愛であることに対するキャラたちの自己嫌悪が無いこと」と「レズとは峻別されれるべし」は確実に挙げられるべきだと思うのだが、『カタハネ』も『アカイイト』もこの点では完璧だった。加えて『カタハネ』は歴史群像劇としてもすごかったが、『アカイイト』も伝記モノとしてみても十分におもしろい。

22、Ever17
元祖○○○系作品。ラストの超どんでん返しには誰もが驚かされるが、何よりそのどんでん返しが規模の割に整合性が取れているのが驚異だ。『アカイイト』もそうだが、今では2000円で新品が買えてしまうというリーズナブルさも素晴らしい。
  
Posted by dg_law at 12:00Comments(23)TrackBack(1)

2007年07月04日

数そのものは崇高たりうるか

最近はカントの『判断力批判』ばかりを読んで随分美学のことばかり考えていたような気がするが、授業で出た質問で結局イマイチ解決しなかった質問があった。以降、やや専門的な話っぽく見えるが実は全然そうでもないので気軽に読んで欲しい。

崇高という概念には、カントによれば二つの種類がある。一つが数学的崇高でもう一つが力学的崇高だ。数学的崇高とはつまり一言で言えば「でかぁぁぁぁぁぁいいいいい!!!!!説明不要!」(from刃牙)ということであり、比較を絶してでかいということだ。でかいということは偉大なことだ。山脈や城塞、宮殿、寺院などはこの部類に入る。力学的崇高とは簡単に言えば「強靭、無敵、最強」(by海馬社長)ということ。比較を絶して強いということだ。カントは大洋の大嵐を例に挙げていた。

ただしここで「富士山だってエベレストに比べたら小さいじゃん。でも崇高だと思う」というツッコミはしごくまともに入ってしかるべきである。だがカントはそれに対して「その人の心の内にとって絶対的に大きいと感じられればそれは崇高」と言ってたので、まあそういうことなんだろう。それにカントは崇高を感じるかどうかは主観的なものと言っていたから、個人によっても違ってくるのだろう(一方で普遍妥当性を持つとも言っているが。)加えてカントは「自然の中にしか崇高は認められない」と言っているがこれに関してはカントが議論を単純にするために制限したと解釈する立場をとっておく。実際その後には、でかかったり強かったりしたら崇高と表現されていくわけだし、カントが本当はどう考えていたかは別にして。


ここで本題に戻るに、授業で出た質問は「数学的崇高とは言うが、数そのものは、カントの定義で言うところの崇高たりえるのか」ということである。この場合の数というのは、「富士山が3776m」とか「太陽までの距離が約1億5000万km」だとか、そんな数ではない。ほんとに単純に、何の単位もつかない数……たとえば145216542541254712551255531458268658187812645987429825684453214853125632482325247547821とかいった意味の無い数字の羅列だったり、10の15乗とかいった表現は簡素だけど事実上大きい数字だったり、円周率のような小さい数字だけれども桁は無限に続くとか、そんな数に対して、である。

もちろん崇高が主観的なものであるならば、数そのものに対して崇高さを感じる人もいるのかもしれない。だが、個人的な感想を言わせてもらえば、やはり漠然と、何の単位も無い数だけを見て崇高を感じろというのは難しい話だと思う。しいて言えば一番カント的な数学的崇高に近いのは円周率や2の平乗根のような無理数の羅列だとは思うが、それは「紙面を占める数字の大きさ」に圧倒されているのであって、数そのものに圧倒されているわけではないように思う。


ここまで考えてカントゼミ内議論も私の脳内議論も煮詰まったわけだが、読者諸氏はいかが考えるだろうか。あえてカントを全く知らないほうが回答が出やすいのではないだろうか。暇な人や、禅問答の公案を求めている人は、ぜひ考えてみて欲しい。定義は上記のもので十分だと思うが、何か足りなければまた。  
Posted by dg_law at 12:00Comments(8)TrackBack(0)

2007年07月01日

第108回「風景画論」ケネス・クラーク著

美術史学上の大著。風景画を卒論に考えている以上避けられない道だったが、いかんせん厚いのと、自分の研究分野であるドイツロマン主義がたった数行で終わっているという事実からなかなか部分的にしか読んでなかった。美術史の大家の著作だが、風景画を象徴・事実・幻想・理想の四つに分類するところから始まるなど、どちらかといえば美学的な色彩の強い本であった。そのせいではないのだが(美学の本だって読みやすいものはある)、語り口がまどろっこしく読み手への意識があまり感じられない。

大家らしい書き方というのか、断定するところが多く、自分の知識不足なのかクラーク氏の大胆な提言なのかは区別がつかないが、首をかしげることが多かった気がする。さすがにターナーとコンスタブルを語る部分は意気揚々としていてその辺りはさすがにおもしろかった。まあ風景画を研究しようと考えている人は読んだほうがいいとは思うが、それ以外の人が手に取る必要は無いのではないだろうか。同じ著者の本なら、もっとおもしろいものがあるはずだと思いたい。特に『ロマン主義の反逆』はこれから読む予定である。

なお自分が読んだのは改訂版で、改訂版の前書きで著者が「各章数行足したのみ」と述べているが、その数行が重要だったりするらしいので、ぜひとも改訂前のものを一度手にとって見たいものだ。


風景画論
  
Posted by dg_law at 12:00Comments(0)TrackBack(0)