2022年07月30日

2022年大相撲名古屋場所の感想

今場所の総括は圧倒的な休場の多さに尽きる。COVID-19に付き合わされて3年目,ここに来て大相撲がこれほど打撃を受けるとは思わなかった。場所前の感染者数からこの展開を予想することはできなかったわけで,場所中の二週間にずいぶんと状況が変わるものである。最終的に幕内は休場が16人,千秋楽の取り組みはわずか14番まで減ったのだから,平時の2/3に過ぎない。結果として残った力士たちのテンションも上がらず,かろうじて優勝争いはそれなりに盛り上がったものの,漫然とした印象のまま終わってしまった。優勝した逸ノ城からして普段に比べて断然出来が良かったようには思われず,周囲の力士が沈没していったと言った方がよさそうに思われた。見る側もこれでは疲れてしまい,場所後の感想を書くのも億劫になってしまって一週間も手を付ける気が起きなかった。協会が感染症対策をいかにがんばってもどうしようもないことではあり,休場になる規則を緩和する変更もありだとは思うが,それもまた正解かはわからない。

今場所の特徴をもう一つ挙げるなら,物言いが非常に多かったことであろう。これは良いことである一方で,休場者が少なく,審議に審議を重ねても進行上それほど支障が無かったために可能だったという気もする。きっちりと幕内で約20番取る中であの進行が可能かどうかはやや疑わしく,タイムキーパーの親方の負担があまりにも大きいように思われる。ここは審判部の今後の課題だろう。


個別評。照ノ富士は好調ではないけど絶不調というわけでもなく,膝をかばって取ると押し相撲に耐えきれずに2・3敗する。そこからもう1つ余分に負けてしまったところから,そこそこ不調だったとは言えそう。その余分な1敗が押し相撲ではない逸ノ城だったのだから,やはり今場所の優勝は逸ノ城で良かったのだろう。貴景勝は11勝で十分な出来,今場所は良いときの貴景勝のいなしがよく出ていたと思う。正代は,実はエンジンがかかるのが遅いだけなのでは。調整方法を変えれば最初から成績が良くなるのかもしれないし,今度はスタミナ不足になるのかもしれない。それにしても1−4からの9−1で計10勝5敗は極端である。良い時は立ち合いの出足がよく,受けてものけぞる独自の体勢で耐え,左四つをうかがいながら攻めきってしまう。御嶽海は復調の兆しが無いまま部屋ごと休場となってしまった。カド番持ち越しという形になるだろうが,来場所も不安である。

三役。期待された若隆景は,やはりまだ大関取りは早かったということなのだろう,日毎の強さが安定せず,15日間の勝った相手・負けた相手を見てもなんだかなと思ってしまう。もう少し四つ相撲になってからの打開策を磨いてほしい。豊昇龍は9勝で,負けた相手が千秋楽の翠富士を除けば格上+優勝した逸ノ城だから取りこぼしが無いことはいいことだが,逆に言えば今場所は格上を食うことがなく,その意味ではらしくない。

前頭上位。優勝した逸ノ城は,よく指摘されている通り,左上手または抱えての左からの小手投げが強く,それほど相撲ぶりが変わったわけではないが,あえて指摘するなら確かにここだろう。それ以外を挙げるなら,千秋楽の宇良戦や12日目の翔猿戦等のように,小兵や動き回る力士に対する対処が上手くなっていたように思われた。来場所も持続するかは少しあやしいと思われるが,ひとまず三役で勝ち越してほしい。霧馬山は,6日目の若隆景戦や14日目の若元春戦等の良い相撲が多かったが,終わってみると8勝の勝ち越しであった。投げの切れ味は見ていて気持ちがいい。琴ノ若は7−3からの部屋ごと休場で残念である。今場所も巨体を活かした大きな相撲で見応えがあり,上位戦が終わっていて逸ノ城にも勝っていたから,このまま出場が続いていたら優勝争いに加わっていた可能性があった。若元春も熱戦が多かったが,こちらは負け越しである。地力の問題だと思うが,熱戦が多かったということは紙一重で負けているということでもあり,あと少しで上位定着に届くのではないか。

前頭中盤……は好調だった翔猿と錦木が休場したために言及すべき人がいない。かれらが白星を稼いだ後で休場したために僅差の負け越し力士だらけで,番付編成が非常に難しい。

前頭下位。翠富士は10勝したが,決まり手に肩透かしが無かったのは少し意外。潜る相撲がやや多かったか。照強は5日連続で足取りにいっていて笑ってしまった。序盤から中盤不調だったが足取りで3連勝したので,ここに光明を見出していたように思う。一山本も6−2で部屋ごと休場になってしまったのが惜しい。相手が自分より軽ければ猛烈に突いて突ききってしまい,相手が重ければ適当なタイミングでいなすか左上手をとって頭をつける形で安定している。中盤に上がっても十分にとれそうである。あとは新入幕で敢闘賞の錦富士。また伊勢ヶ濱部屋で強い人がでてきた。不戦勝3つで10勝ではあるが,かえって「持ってる」という感じがする。左四つかもろ差しになると相撲になる様子だがまだよくわからない。来場所の様子を見たいところ。


松鳳山が引退した。強面であったがトークが抜群に面白く,話すと印象が全く異なる力士であり,Abemaで相撲中継が始まってから人気が出た力士の一人である。取り口としては中に入ってもろ差しになるのが上手く,突き押しからのもろ差しの動きのスムーズさは角界随一であった。これらの点で私も好きな力士だった。しかし,晩年は中に入ってからの打開策に欠き,身体が大きいわけでもないためにかえって捕まる形になっての黒星が多かったように思う。とはいえその技術を残してほしかった気がするが,引退会見での「あんまり自分は指導者に向いていないと思う」という率直な物言いも彼らしい。お疲れ様でした。  続きを読む

Posted by dg_law at 17:17Comments(3)

2022年07月16日

2022上半期ニコマス20選

ポータルサイト
今回も参加します。

  続きを読む
Posted by dg_law at 00:41Comments(0)

2022年07月12日

ニコ動の動画紹介 2021.11月下旬〜2021.12月下旬



最近よく聞いてた。歌詞に汎用性が高いので,いろんな人にこれを歌ってほしい。



これは上手い。声が歌に合っていてベストマッチ。




音ゲー的表現をするとやっぱり綺麗。



ライスシャワーのMMD,モデルのかわいさもあって見続けてしまう。





高難易度アクションゲームシリーズ。LOST EGGと同じ会社。石鹸を動かしてゴールを目指すという設定の時点で嫌な予感しかしないやつ。見ている分には楽しい。





酢ぱん酸氏。めちゃくちゃかっこいいSilent Joker。たまに踊ってみた発掘すると良いものが出てくる。下はモーションキャプチャーとして踊っているもの。



マハラギ氏。再現手描き。



かっぱ氏。ルマのMADらしく,音はめが気持ちいい。



まさか!氏。ハロプロとアイマスの親和性が高すぎる。アイマスは全ブランドがそろえばどんなシーンもあるな……



コジコジ氏。あつ森による再現。セルフ比較付。  
Posted by dg_law at 12:00Comments(0)

2022年07月06日

半年くらい前の国内外の政治ネタいろいろ

・米露首脳会談でも止まらない ロシアによるウクライナ侵攻の危機(Yahoo個人,小泉悠)
→ 2021年11月の記事。すなわち,この約3ヶ月後に開戦することになる。「その時期は地面が凍って軍事作戦がやりやすくなる来年1月か2月であろう---前述の『ワシントン・ポスト』はこのように観測する」とあるように,今読むと時期まで含めて予測はされていた。もっとも「ウクライナに対する非在来型介入のシナリオ」で予想されていたようなことは起こらず,極めて工夫のない真正面からの侵略になったわけだが……
→ プーチン論文は,この2021年11月の時点ではそこまで報道されていなかったが,開戦後にはよく報道されることになる。皆こんな無茶苦茶な歴史認識を大統領が本気にしているとは思っていなかった節があってまともに取り合っていなかった。あえて言えばそこに世界の油断があったのだろう。しかしまあ,半年前にタイムスリップしてこの戦争が止められたというと,この記事にある「強硬策:ウクライナへの米軍展開など、米国の強い軍事的コミットメントを展開する」案くらいしかなく,現実的には極めて困難で,残念ながら開戦は不可避であった。


「戦争」「ウンコ」「害虫駆除」…1日の投稿110件、中国“ツイ廃”総領事を40日追跡して見えたもの( 文春オンライン )
→ 「外交官たちの派手で挑発的な言動はあくまでも国内向けのアピールだ。極論、彼らの「話の内容」について、われわれ外国人が真面目に取り合う必要はあまりない。」とのこと。それが評価される中国の外交部が面白いというか不思議というか。現実的には西側諸国の対中感情が悪化しただけでそれ以外には大して意味がない活動だったように思われるのだが,フォロワーの中国人に受けが良ければそれでいいということなのだろうか。なお,御本人のTwitterを見ると現在でも追いきれないほど1日につぶやいていて(大半がRTだが),ツイ廃っぷりは全く変わっていない。


・マニフェスト選挙を疑え:2021年総選挙の計量政治学(日経ビジネス)
→ 選挙とは政策を選ぶものであるのと同時に政党・政治家を選ぶものであるから,政党名が入っているか否かで政策への支持率が変わるのはわかる。しかし,それでも共産党の外交・安全保障政策が自民党のものとして表示された場合の支持率が20%以上アップして50%を超えるのはさすがに驚いた。それはまあ確かにマニフェスト,というか政策を訴えようという気持ちが政治家から失われるわけだ。
→ こうなる要因は政権担当能力が野党には無いと見なされているからだろう。返す返すも民主党政権の失敗が日本の政治風土を壊してしまったなと思う。「一度試しに」で政権を任せられて失敗すると二度目はなかなかチャンスが来ない。そしてその後の民主党系政党の情けない姿も,尚更国民にもう一度と思わせないわけだ。とはいえ,自民党に本当に政権担当能力があるのかと言われると文書行政がまともにできない政権に政権担当能力があるとは言わないわけで……政治不信が自民党を信任し,自民党がさらなる政治不信を生み出す負のスパイラルに陥っているのは本邦の不幸である。


・国交省、基幹統計を無断書き換え 建設受注を二重計上、法違反の恐れ(朝日新聞)
・建設統計水増し、最大5兆円 GDP影響は「軽微」―書き換え問題・有識者会議(時事通信)
→ 統計は政権への忖度だったのではなく単純なミスだったようだが,とうとう我が国はGDPにかかわる重要な統計までまともに計算できなくなったのかと思うとそれはそれで非常に悲しい。また,最大5.1兆円の水増しだったのにGDPへの影響は軽微というのもわからない。これがその報告書であるが,報告書内ではほとんどGDPに言及されていない。専門家が言っているのならまあ……というところ。  
Posted by dg_law at 12:00Comments(0)

2022年07月03日

【2022年版】上智大神学部の〔学部独自試験〕入試問題を解いてみた

昨年に問題が独特すぎて物議を醸した上智大・神学部の入試問題であるが,今年の問題も赤本に掲載されていたので早速解いてみた。結果から言えば,方向性は維持されていたが,随分と簡単になっていた。何よりも大きな違いは問題数である。2021年度には試験時間75分で,記号選択・語句記述問題が60問ほどに加えて,600字の論述問題が2問という分量であったが,2022年は試験時間75分は変わらず,記号選択が6問+語句記述が8問に,論述が40字が1問と200字が1問の計2問だけであった。記号選択・語句記述問題が約1/4に,論述問題が20%に減ったということになる。これだとかえって時間が余るのではないか。

それでも赤本は昨年同様に解答例を省略していた。通常の科目に当てはまらないものは解答を載せないという方針があるらしいことに加えて,解答者が確保できないために省略していると思われる。とはいえ赤本が載せていないということは,受験生が簡単に参照しうる解答例がネットや書籍に存在していないということである。問題数も少ないし,微力ながらここに全問の簡潔な問題文と,解答・解説を掲載しておく(易しい問題は誤答の選択肢を省略した)。Google検索でたどり着いた受験生の参考になれば幸いである。受験生以外の方は,腕試しに解いてもらえると,記事を書いたかいがある。


問1
Q.「主なる神は,土(アダマ)の塵で人(アダム)を形づくり,その鼻に命の息を吹き入れられた。人はこうして生きる者となった。」という章句がある書物の名前。(記号選択)
A.創世記の第2章7節だから,正解はエの創世記。これを落とすようではまずい。

問2
Q.「乳と蜜が流れる地」とも語られる約束の地,現在のパレスチナ地方にあたる地名。(記号選択)
A.ヒント大盛りである。正解はカナン。これも易しい。

問3 (1) 
Q.「イエスが言われた『それでは,あなたがたはわたしを何者だと言うのか。』…,『あなたはメシア,生ける神の子です』と答えた」という一節で,イエスの問いかけに応えている人物は誰か。なお,彼は十二人の弟子たちのリーダー的存在であった。(記号選択)
A.1つめのヒントは難しいが,2つめのヒントのおかげで易しい。正解はペテロ。なお,これはマタイによる福音書の第16章第15・16節で,この後に「わたしも言っておく。あなたはペトロ。わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てる。陰府の力もこれに対抗できない。わたしはあなたに天の国の鍵を授ける。」という有名な一節が続く。どうせなら「弟子たちのリーダー的存在」というヒントを出すよりも,引用をここまで続けてペテロを答えさせた方が聖書理解としては本質的だったような気はする。

問3 (2)
Q.2019年11月に来日した教皇は誰か。(記号選択)
A.こう聞かれるとちょっと悩むが,要するに現在の教皇であることに気づけば容易。正解はフランシスコ。

問4
Q.「初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。この言は,初めに神と共にあった。万物は言によって成った。成ったもので,言によらず成ったものは何一つなかった。言の内に命があった。命は人間を照らす光であった。光は暗闇の中で輝いている。暗闇は光を理解しなかった。……。言は肉となって,わたしたちの間に宿られた。わたしたちはその栄光を見た。それは父の独り子としての栄光であって,恵みと真理とに満ち溢れていた。」
下線部を具体的に説明せよ(32〜40字)。
A.引用されているのはヨハネによる福音書の第1章1〜5節と14節。イエスは神が受肉してこの世に現れたことと,神=言葉=イエスであることを示せていればよいだろう。ここでいう言葉とはいわゆるロゴス,真理を示す言葉であるが,やや専門的な用語であるロゴスという語を出す必要はないと思われる。40字が短く,まとめるのが意外と面倒。

問5
Q.聖書に含まれる文書の名前が5つ問われた。4つの福音書の名前を順番に。また初代教会の発展の様子が描かれた言行録。(全て語句記述)
A.4つの福音書はマタイ・マルコ・ルカ・ヨハネ。最後は使徒(言行録)。5つめの問いがやや迂遠だが,言行録とつく文書がそもそも使徒言行録しかないので深く考えない方が解答しやすい。

問6
Q.「三日目に,ガリラヤに( 1 )で婚礼があって,イエスの母がそこにいた。その弟子たちも婚礼に招かれた。( 2 )が足りなくなったので,母がイエスに『( 2 )がなくなりました』と言った。……。イエスは,この最初のしるしをガリラヤの( 1 )で行って,その栄光を現された。それで,弟子たちはイエスを信じた。」
空欄1・2を産めよ。(いずれも記号選択)
(1)エマオ  カナ  サマリア  エルサレム  ベツレヘム
(2)ぶどう酒  塩  水  パン  お礼
A.知識問題ではこれが一番難しいか。これはヨハネによる福音書の第2章の1〜11節で,イエスが最初に行った奇跡で,婚礼の現場であるから,水をぶどう酒に変える奇跡を起こしたカナの婚礼を指す。したがって(1)はカナ,(2)はぶどう酒が入る。カナの婚礼はルーヴル美術館にあるヴェロネーゼの大作が有名で,私はこの絵のために覚えていたエピソードだった。なお,この章句が面白いのは問題では「……。」と省略されている部分である。マリアに「ぶどう酒がなくなった」とせがまれたイエスは「わたしとどんなかかわりがあるのです。わたしの時はまだ来ていません。」と言って断ってしまうのだ。奇跡を起こそうと思えばいつでも起こせるが,こんなつまらないことで起こすようなものではないとでも言いたげである。しかし,マリアも断られたにもかかわらず,裏で婚礼の裏方として働いている召使いたちに「この人が何か言いつけたら,そのとおりにしてください」と言っていて,この後イエスはこの召使いたちに6つの水甕を水で満たすように指示を出して,この水をぶどう酒に変える奇跡を起こした。この不思議なやりとりは神学的には様々な解釈があるようだが,信徒ではない者が客観的に見るとイエスくんはアラサーにもなって反抗期だったのかなという感想になり,裏で根回しされているあたりマリアの手のひらの上で踊っている様子でほっこりする。『聖☆おにいさん』でもこの解釈でネタにされていた(44話)。

問7
Q.「最も大切なこととしてわたしがあなたがたに伝えたのは,私も受けたものです。すなわち,キリストが,聖書に書いてあるとおりわたしたちの罪のために死んだこと,葬られたこと,また,聖書に書いてあるとおり(  )日目に復活したこと,ケファに現れ,その後十二人に現れたことです。次いで五百人以上もの兄弟たちに同時に現れました。そのうちの何人かは既に眠りについたにしろ,大部分は今なお生き残っています。次いで,ヤコブに現れ,その後すべての使徒に現れそして最後に,月足らずで生まれたようなわたしにも現れました。」(コリントの信徒への手紙一 15:3-8)
(1) 下線部の「わたし」とは誰か。(語句記述)
(2) ( )に適切な数字を入れなさい。(語句記述)
A.(1)は文章の意味がとれなくても,親切にも出典を入れてくれているので,コリントの信徒への手紙の著者を知っていれば解答可能である。他の章句は出典を省略しているから,本問は出典で解いてほしいという明確な意図である。正解はパウロ。『新約聖書』に入っている書簡シリーズは,著者がパウロである場合には書名が宛先になり,パウロ以外である(と推測されている)場合は著者の名前が書名に入っているという法則性を知っていれば迷わない。(2)の正解の「3」は易しい。

問8
Q.神は,父と子と聖霊のという三つの位格を持っていると言われる。このことは一般に何と言われるか。漢字で記しなさい。(語句記述)
A.正解は三位一体(説)。これも易しい。本問の意図は三位一体説を採らない教派の信徒を落とすためにあるのでは。

問9
Q.神と人間との関係は,「救いの歴史」と言われるが,それはいったいどのようなことを意味するのか。問題文を参考にしながら160〜200字で述べなさい。
(編註:ここで言う問題文は第二バチカン公会議で採択された「神の啓示に関する教義憲章」の一部。長いので直接の引用は避ける。原文を読みたい人は赤本を買うか,カトリック中央協議会で販売されている書籍を購入してください。)
A.問題文として引用されている文章では,最初に神による天地創造から『旧約聖書』の語る人類の歴史をたどって,旧約の預言者たちが現れ,最終的にイエスが受肉したことが語られている。文章の最後では「受肉した神であるイエスこそが,我々の救済を確証する最大最後の神の啓示である。ゆえに,これを更新する新たな神との契約は無いし,イエスの再臨までは新たな啓示も期待すべきではない。」ということが主張されている。
この教義憲章としては最後のまとめの部分が最も重要そうであるが,本問の要求からすると割とどうでもよさそうである。その前段の説明の,神の救済はアダムの創造から始まること,その堕落を経て,アブラハムの一族すなわち後のヘブライ人が救われる民として選ばれたこと,この際の救済のアプローチは預言者たちを通した啓示であったこと。しかし,最終的にはイエスの受肉によって神自身がこの世に現れて啓示となったこと……というような感じで聖書の記述に沿った神と人間の関係の変遷をまとめるとよいだろう。制限時間が75分で,問1〜8までを解くのに30分もかからないであろうから,時間はたっぷりある。  
Posted by dg_law at 16:05Comments(2)