2023年09月29日

優勝の代わりに失くしたものは

土俵の充実に反して,締まらない結末となった。11勝で優勝が決まったこともさることながら,優勝決定戦の片方が平幕,しかも優勝した大関は決定戦で変化したとあっては盛り下がるのはやむをえまい。貴景勝本人は変化自体で決めるつもりは無かったと言っていたが,そういう問題ではあるまい。困るのは来場所の綱取りである。裏ルール的に片方が準ずる成績なら概ね27勝が求められ,過去の実績があれば1勝おまけされて26勝でも昇進が認められる傾向にある。貴景勝の場合はすでに優勝4回であるから実績十分として1勝おまけするとしても,全勝優勝以外ではこの条件を満たさない。14勝優勝は議論の末に昇進となるように思われる。確実に揉めるのは14勝で優勝同点と13勝優勝で,揉めた挙げ句来場所に12勝等の緩い条件で持ち越しになるのではないか。12勝優勝や13勝の優勝同点・次点あたりも来場所に持ち越しという議論になりそうである。


個別評。大関陣。貴景勝は優勝できるような体調であるようには見えず,霧島と豊昇龍の乱調,照ノ富士の休場に助けられた形である。これで優勝というのも不思議な感覚というのは本人も感じているのではないか。豊昇龍は相撲の歯車が噛み合っておらず,自滅する相撲が多かった。やはりメンタルは叔父ほど強くない。それでも最終盤に吹っ切れて強さが戻ってきたのは立派で,プレッシャーから解放される来場所に期待したい。霧島はよくわからない。押し相撲に付き合って負けた相撲が多く,結局のところ器用貧乏という弱点を突かれたのかなと思う。大関昇進前から押し相撲には意外と負けているので,そもそも意外と押し相撲に弱いのかもしれない。

関脇・小結。大栄翔は何とか二桁に乗せた。さすがにこれを起点に大関取りを決めたいところだが,さすがにツラ相撲の傾向が強すぎる。連敗に入ると急激に押す力が弱くなるのは何とかならないか。若元春と琴ノ若と翔猿は可も不可もない出来。錦木は急に元の強さに戻った。霧島と豊昇龍が大関に昇進したことで,急速に新大関誕生の気運がしぼんでおり,琴ノ若以外はさして若くないから強い危機感を持つ人が多かろう。

前頭上位。北勝富士は3大関撃破の出だしであったが,プレッシャーからかその後に相撲が縮んでしまった。3つの貯金でなんとか勝ち越した感じで,これでは優勝も大関も遠い。朝乃山は攻め急ぎすぎて前のめりに倒れる悪癖が大関時代から全く治っておらず,前の昇進時よりも関脇・小結が詰まっていて,勝ち越す地力はあるものの大関再昇進はかなり厳しい。右四つにがっちり組めれば強いのだが,対策されてしまっている。宇良は今場所もよく動いていた。本当に上手く土俵を使って回り込むものだ。湘南の海はそれほど印象に無かったが,終わってみると7勝で善戦した。前頭5枚目の位置ながら役力士との対戦がほとんど組まれず,ほぼ中盤の力士と同じ対戦表になったという幸運はあるが,巨体を生かした相撲で勝ち星を集めた。左四つで,寄りではなく投げで決める点で琴ノ若と違う。対して豪ノ山は同じ5枚目なのに頻繁に上位と組まれたが,なんと9勝で勝ち越した。早くも上位定着の様子である。すでに押す力は貴景勝・大栄翔・北勝富士に次ぐ。

前頭中盤。高安は今場所こそ優勝がありうる展開だったが,本当にメンタルが弱い。どうしたものか。平戸海は左前まわしをとっての相撲が冴えていた一方,体格差で当たり負けしたり,まわしを切られて相撲にならなかったりする場面も多く,6勝という結果は地力が出たように思われた。翠富士は好調で10勝のうち6勝が肩透かしである。来るとわかっていても回避できないのだから相当な切れ味で,相手からすると浅い差し手が入るだけで恐怖であるから,副次的な効果も出ている。今場所はさらに湘南の海相手に巻き落としも決めていて,これで技能賞が受賞できなかったのは意味不明である。これ以上どう技能を示せというのか。選考委員会は何を見ていたのか。金峰山も9勝,四つ相撲を覚えようとしている過渡期のように見え,その割にはよく白星を稼いだ。十分な素質を見せたと言えよう。

前頭下位。遠藤・御嶽海は登りエレベーターのはずだが9勝で終戦した。御嶽海は日毎の出来が異なり,その辺は上位にいた頃と変わらないというべきか,不調だと前頭下位でも勝てないということが判明したというべきだろう。遠藤は負けた相手も見ると好調な力士が多く,仕方がないという気も。北青鵬は肩越しの上手をとってなんとかしてしまおうとするところは直っていないが,肩越しの上手をとってからの動きがスムーズになって負けにくくなった。これを貫くなら上位戦でも見てみたい。来場所に期待したい。妙義龍は10勝で,久々に前傾姿勢のまま当たってすっと右四つかもろ差しとなり形をつくる一連の美しい動きが見られた。かなり体調が良かったのではないか。最後に熱海富士。琴ノ若や湘南の海に続き,これまた恵まれた体格であるが,右四つの四つ相撲を基本としつつも押し相撲でも割りと取れる。ただ,異常に好調だっただけのようにも見えたので,来場所に真価を見たい。
  続きを読む

Posted by dg_law at 00:35Comments(3)

2023年09月28日

ニコ動・YouTubeの動画紹介 2023.8月下旬〜2023.9月上旬



ピロ彦氏。今まで実践されてされていなかったのが不思議な感じの装置。任意半挿しでバグらせるのは他のゲームにも転用できそう。




ダークドレアム撃破によるエンディングを目指すTAS。効率的な種集めや熟練度上げが見どころで,条件が通常のラスボス撃破と違うために相違点が多くて面白い。なお,glitchlessとあるがドラクエ6はそもそも大幅短縮につながるようなglitchがさして見つかっていないそうで。




ぅな〜氏の全裸一人旅シリーズ,FF6が完結。約4年半の長旅。FF6は難易度が低いRPGながら,全裸になると途端に厳しくなる度合いが強く,難易度が低い原因は装備が強すぎることにも一端があるのだなという気づきがあった。魔法がそろわない序盤,強い装備がこちらにそろっている前提の終盤がきつそうで,中盤はさくさく進んだというギャップがあった。この縛りだとラスボスもちゃんと強い。




基地防衛シミュ。プレイヤー側が人間ではなくミツバチ,敵がスズメバチやトンボという違いがあるが,途中から両陣営ともに銃火器で武装しだす。割りと面白そうなゲームながら,味方の砲兵が偏差射撃をしてくれないので最終的には物量で押すしかないのは欠点か。



たいたぬさん。上海や香港の高層建築物をコンコルドで通過すると,近づく前に人民解放軍に撃ち落とされそうw。上海で通ろうとした建物の隙間がゲーム上ふさがっていて見えない壁に跳ね返されていたのは笑った。




これはめちゃくちゃエモい。この3人が歌うからこそという質感がある。



スポーツ名場面集。今回の最後は小錦。
  
Posted by dg_law at 12:00Comments(0)

2023年09月07日

ニコ動・YouTubeの動画紹介 2023.7月下旬〜2023.8月下旬



自分が行った日も奇跡的に晴れていたが,大台ケ原の晴れている日は珍しいそうで。めちゃくちゃ良い秘境なので関西在住の方は是非。動画でも言われているが,最大の難所は登山ではなく大台ケ原までの道が長すぎること。




MSFSはヘリコプターも運転できるのだな。そして,たいたぬさんがヘリを運転すればまあこうなる。




低レベルクリアの中でも,特定のキャラに経験値を集めて強くしないようにするという少し特殊な縛りを加えている。ドラクエ4の場合,レベル15のキャラが数人できるのが最高レベルになる。低レベル攻略になるのもさることながら,ラスボス以外の必須戦闘は経験値受け取り要員一人だけを残して死んだ状態で敵を倒さないといけないという縛りが地味にきつそうだった。単純な低レベル攻略としてもボス撃破のための戦略の詰め方が精密で非常に面白い縛りプレー動画。





卵と石鹸に続いて風船。浮いて進むのでゲーム性が違う。風船だからつらいステージも,風船だから厳しいステージもあって特性の違いが出ている。プレイヤーとしては卵や石鹸よりも楽だったらしい。



詐欺広告ゲーを改良してこれだけ面白くできるというのがすごい。ゲーム性は大事。




下半期20選選出。傑作メドレーだった。ニコマスにはまだこれを作れるだけのPが(力量的にも人数的にも)いるということに感動してしまった。



美琴は好きなだけごろ寝しないでしょwという出オチ。



やっぱりM@STERPIECEは特別感のある曲で,アイマスを代表する一曲だなと思った。  
Posted by dg_law at 12:00Comments(0)