2023年10月30日

登山記録15(四国剣山,石鎚山,飯能アルプス)

No.36 四国剣山
〔標高〕1,955m
〔標高差〕約530m(リフト利用で200m)
〔百名山認定〕百名山
〔ヤマノススメ〕未登場
〔県のグレーディング〕ー
〔私的な難易度と感想〕2A(1A)

No.37 石鎚山
〔標高〕1,982m
〔標高差〕約700m
〔百名山認定〕百名山
〔ヤマノススメ〕17巻
〔県のグレーディング〕3B
〔私的な難易度と感想〕2B(鎖を登るなら2D)
四国剣山と石鎚山は別に旅行記を書いているのでそちらで。整理のためのナンバリングだけしておく。


No.38 飯能アルプス
〔標高〕640m
〔標高差〕約510m(累計は1160m)
〔百名山認定〕ー
〔ヤマノススメ〕7巻
〔県のグレーディング〕ー
〔私的な難易度と感想〕3A+
埼玉県飯能市の,西武秩父線沿い南側の山嶺をつないだトレイルルート。自治体がさほど気合を入れて整備していたわけではないところに,『ヤマノススメ』等で取り上げられたために知名度が上昇し,遭難者が多発する代表的な登山道の悪名を得てしまった。埼玉県は元々,登山道の整備の未熟さが際立つ県であったから急激な知名度の上昇についていけなかったことが原因と思われる。2022年,YAMAPから名指しで日本一道に迷いやすい登山道に認定されるに至り,その後,YAMAP協力の下でヤケクソ気味の整備がなされたと聞いたので,2023年1月に子の権現への初詣を兼ねて登ってみることにした。

登ってみた感想としてはまさに事前の噂通りで,見るからに近年直した跡だらけで笑ってしまった。と同時に,今までここにこの真新しい看板が無かったのだとしたら,それは遭難者が多発しただろうなという推測が立つ場所も多かった。典型的なところでこれ。こんなの標識がなければ誰だってまっすぐ行く。



ともあれ看板が激増した結果として,かえって埼玉県にありがちな迷路的登山道が解消されており、埼玉県の中では武甲山に次いで登りやすい山になったのではないかと思う。なお,登った後に実際に『ヤマノススメ』サードシーズン(2018年放送)を見ると,今と全く看板の場所や新しさが違って面白いので,これから登る人には勧めておきたい。

一方で,天覚山と子ノ権現山頂以外はほぼ眺望がなく,後は途中の石灰岩の鉱山があるくらいで,ずっと見どころもなく杉林を歩くことになるためメンタルを削られる。ただし,飯能アルプスはまだいたるところで木を切り倒すチェーンソーの音が聞こえ,鉱山からも重機の音が聞こえ,猟犬注意の看板も立っている。飯能アルプスはまだまだ経済的に観光以外が生きている山なのだ。観光的要素を求めるほうが間違っているのだろう。


登山道は小刻みなアップダウンが多く,最高標高が640mしかないのに獲得標高は1200m近いというアンバランスである。技術的な難易度は低く,岩場は栃屋ノ頭付近に多少ある程度で,A+にするかB-にするか迷うところ。西武秩父線沿いをずっと進むのでエスケープルートが多く,手軽に筋力を鍛える修行には良いと思われる。トレラン勢も多かった。総じて,ヤマノススメ聖地巡礼か,ヤケクソ整備を見に行くか,修行と割り切るなら登る価値があるというくらいで,強く勧める登山ではない。  

Posted by dg_law at 04:02Comments(0)

2023年10月28日

まずマイクロネーションが存在してないか探してしまった

・21世紀の「飢餓」 昆虫食は人類を救うのか?(note 太刀川るい)
・追記:肉を食べたい人ほど、昆虫食を推進するべきだという話などnote 太刀川るい)
→ 昆虫食についてのまとまった論説。フィッシュミールの代用になるかもという話は知らなかった。 確かに人間が食うよりもそちらに活路はあるかも。
→ 昆虫食は2022年から23年の春くらいまではぼちぼち話題になったが,ここ最近はしぼんでいる印象。コオロギは何度か食べたことがあるが,見た目がアレながら粉末にしてしまえば味は悪くなく,脂肪分が少ないタンパク源としては悪くなかったように思われた。しかし,市場が拡大しなかったのは大豆や牛乳には勝てなかったか。
→ リン鉱石が枯渇したら人類はどうするか? に対して農地が拡大するだけというのはありそうな展開で,それで食糧が高騰して貧困層に飢餓が生じるのもありうる予測だと思う。仮にそうなったら世界人口の頭打ちも早いだろうし,結果的に食糧需要も減少していくかもしれない。


・資格試験でまさかの「正解」、賃貸アパートの鍵を壊したら大家の負担?予備校は困惑、国も苦言(47NEWS)
→ 試験の内容は置いといて,出題ミスを糊塗する無理のある理屈や,グレーゾーンから出題してしまった際の言い訳が全く他人事でなくて笑ってしまった。どこの業界もダメな出題者のやることは変わらない。>「選択肢1〜3が明確に誤りであり、4が不適切でないと判断し正解として扱う」「ガイドラインは基本的なルールを書いているだけ。あくまで参考資料で拘束力はない」
→ 数多の出題ミスを見てきた立場として言えば,こういうのはあっさり認めて当該問題を全員正解としてしまった方が後腐れがないし,グダグダ抵抗するよりも試験の権威が落ちない。それができないのは出題者か協議会の偉い人のどなたかに無駄なプライドがあって,ミス無く実施できたことにしたいのだろうが,これだけニュースになって騒がれたのだから,どっちが良かったのやら。


・どこの国にも属さない無主地、ビルタウィールをなめるように観察する(デイリーポータルZ)
→ 元をたどればこれもイギリスが大体悪い案件。まあそれでも1902年の国境線で上書きしている以上は1899年の国境線を主張しているエジプト側がより無理筋のようにも。ゴルニャ・シガのようにリベルランドのようななんちゃって国家が成立しないのは砂漠のど真ん中で単純に貧しい土地であることに加えて,かつその種の冗談を実際にやりがちな白人が寄り付かない土地柄だからか。一応,2014年に物好きなアメリカ人がここに北スーダン王国の建国を宣言したことがあったようだが,シーランド公国やリベルランドに比べると,実態がなさすぎてジョークにすらなっていない。  
Posted by dg_law at 01:52Comments(0)

2023年10月19日

ニコ動・YouTubeの動画紹介 2023.8月下旬〜2023.9月上旬



すでに新しいバグと更新案が見つかっている中,区切りをつけるためにSeason2を完走。視聴者も旧称Twitterでエディさんがそういう発言をしているのを知っているので,おめでとう半分これからもがんばれ半分という様相。Season3もがんばってほしいが,調査だけで膨大な時間がかかるらしいので,いつから始まるだろうか。



めちゃくちゃ面倒な上にRTAやTASには役に立たないスキップバグ。要するに最小戦闘(勝利)回数縛りだけに影響が出る。しかしまあ,こんなところでも「バグによる戦闘スキップの可否を縛り要件に入れておくべき」と擦られるFF6の縛りプレーは影響範囲が大きい。




けっこう設定が面白いゲームだった。なるほど深海をそう使う。プレイヤー同様に私も最後までだまされていた。




突然流行しているスイカゲーム。いにしえのゲーム4096にアクション要素が加わったと考えると面白いのはわかる。




黄金茸氏。ヘレンさんはまたそんな色物装備を……w



mobiusP。いつもながらによくできてる。




3秒ルールの実証。落とした時間というよりも落としたものの性質の方が影響が大きそう。追加の実験もやってほしい。



クリフハンガー等のめちゃくちゃな高難易度化に比べると,難易度が上がりすぎない方向での進化があって面白い。




安涼奈さんの登山動画は,日本百名山をほぼ全部登っている,動画が見やすいので助かる。自分が登った山だと共感を得ることが多かったり,自分が登った時とは天気や登山ルートが違ったりで別の風景が楽しめる。この開聞岳だと自分も登った山だが,「緑が豊富で12月だと思えない」「(12月なのに)本当に暑い」「土がすごく赤い」あたりは本当にそれ。また,これから登る山だと難易度等の参考になる。特に難易度は私的にセンシティブなので核心部を映してくれるのは助かる。雨飾山もこれくらいの難易度なら問題なく登れそう。
  
Posted by dg_law at 12:00Comments(0)

2023年10月08日

東大の図書館も改装工事で遺跡が見つかっていた

・前教皇ベネディクト16世が死去 13年に600年ぶり退位(共同通信)
→ 12月31日に亡くなるとは。前教皇が亡くなった割りに報道が少なかったのは,やはり業績のまとめ等は退位時に済んでしまっているため,今更ニュースバリューも無いと判断されたか。ヨハネ・パウロ2世の後継になるのでプレッシャーがかかる立場で,実際にそれに見合う指導力を発揮し得たかというと,本人の保守性もあって疑わしい。ちょうど世界にインターネットが普及していく時期と在位年代が重なったことと,人相が悪いことから散々画像ミームのおもちゃにされていたのはちょっとかわいそうだった。……いやでも,改めて見てもやっぱり人相は悪いな。2013年に教皇を高齢を理由に辞任したことを考えると,引退後の生活はけっこう長かった。逆説的に引退したからこそ長生きできたのだろう。
→ なお,「ベネディクト」は彼で16世というところからわかる通り,教皇にはかなり多く,コンスタントに登場している。15世はちょうど百年前で第一次世界大戦期の教皇,13世と14世は18世紀前半・半ば頃の教皇,12世は少し飛んで14世紀前半の教皇……という感じにさかのぼっていける。17世は22世紀に登場するだろうか。


・再開発地区で発見された「南池袋遺跡」の見学会に行ってきた。(池袋タイムズ)
→ こんなことをやっていたなんて知らなかった。場所が場所だから大勢の人が見学会に集まったのはわかる。私だって知っていて暇だったら行きたかった。
→ 建築工事をするとよく遺跡が見つかってしまうことで有名なのは京都だが,東京も江戸だっただけにこういうことは割りとあるらしい。縄文・弥生の遺跡も珍しくないことは,先日に文京ふるさと歴史館で見た。間の時代の中世は遺跡が見つかりにくいらしく,この南池袋遺跡でも発掘されていない。


障害者雇用「代行」急増 法定率目的、800社利用(共同通信)
・「農園型障害者雇用」に7割の障害者が否定的意見 「障害者雇用の実態調査」結果発表(PRTIMES)
→ 障害者を社会の包摂するという制度の趣旨を清々しいほど骨抜きにしていて,グロいシノギを見つけてしまった。当然にして当の障害者からの受けも悪い。この件は調べてみると今年の8月くらいまではそれなりに報道されていて,少なくとも2023年上半期には利用が1,000社に増加していた。さすがに規制されるだろうと思う。


・《ドイツの左派はどこが違う?》“意識高い系”の「緑の党」が、レオパルト2戦車の供与にどこよりも積極的な納得の理由 |(文春オンライン)
→ マライ・メントラインさんの記事。90年代末のコソヴォ紛争を契機に緑の党が教条的左翼的外交政策から主張を転換したというのは知らなかったので勉強になった。民主主義理念の保護を考えるなら今次の戦争はロシアをウクライナから叩き出すしかないわけで,反戦と天秤にかけた際に,戦争を早く終わらせるためにもウクライナを支援すべきという結論が出るのは実に現実的な解であろう。3ページでつっつかれているが,本件はSPDが(シュレーダー元首相の振る舞いを含めて)全然ダメだったので,余計に緑の党の判断が常識的に見える。しかしまあ,緑の党は他の政策が過激なので……  
Posted by dg_law at 12:00Comments(0)

2023年10月06日

あのpixivfanbox規約変更騒動は何だったのだろうか

・サービス共通利用規約改定と「禁止商品」「要修正商品」設定のお知らせ(pixiv)
→ 昨年の11月末,pixivが実写由来の公序良俗に反する商品を禁止商品,そうではないがpixiv運営の判断でまずいと判断されたものは要修正商品と定義し,それぞれの出品禁止や要修正依頼を行うと発表していた。前者は当然という話で反発がほぼ無かったが,後者はこの規約の適用範囲が有料利用のpixivfanboxやBoothに限れていて通常のpixivには及んでいないことや,該当する具体例が「児童に対する性的搾取及び性的虐待,近親相姦,獣姦,レイプ,人または体の非合法的な切断,その他」となっていた点から,あからさまな「国際カードブランド等の規約」由来の表現規制であるとして多少の批判が生じていた。これらは公序良俗に反する表現であるが,実在の人物を用いていない以上は法に触れていない。多国籍企業が国家権力を上回っている事例と言えば,公序良俗に反するかどうかの問題ではないことがわかるだろうか。
→ しかし,それから半年以上経ってみると,多少のユーザーがpixivfanboxからFantiaに移住したり,boothから商品を撤収したりした事例が観察されただけで,結局ほとんど変化が無かったように思わえる。上記に思い切り引っかかるような商品もまだpixivfanboxで堂々と売られている。pixivfanboxとFantiaで棲み分けが生じるかもと予測を立てていたが,そのようなことは起きずに終わった。国際カードブランドからの外圧をかわすためにやっている振りをした,そのために最小限の被害で済ませたということであれば,意外とpixiv運営が上手くやったということなのかもしれない。ねらってやった大山鳴動して鼠一匹ということだろうか。一方で,pixivが禁止商品に当たるようなものを放置し続けた結果として国際カードブランドに目をつけられたのだろうと思われ,結果として強い表現規制圧力を受けることになったのは怠慢でもあろう。


・イブニング休刊のお知らせ(講談社)
→  長い付き合いながら,最近は『K2』のために読んでいた雑誌だった。多少の思い出語りをするなら,過去の連載作品でそこそこ真面目に読んでいたのは『アバンチュリエ』『インハンド』『学生/ヤング/係長 島耕作』『累』『官能先生』『創世のタイガ』『ヘルプマン!』『没イチ』『松井さんはスーパー・ルーキー』『めしにしましょう』『もやしもん』『レッド』(山本直樹)くらいか。自分が真面目に読んでいなかったものも含めて,割りと古風な,あるいは硬派な歴史漫画が多い雑誌ではあった。しかし,末期の新連載はヒットした『ふたりソロキャンプ』や,嫌いではなかった『ハードボイルドマタタビビバップ』を含めて料理漫画が増えていて,台所事情の苦しさがにじみ出ているようではあった。もう少し違う方向性に伸ばせれば延命できたかもしれないが,ヒット作に寄せると単なる隔週モーニングと化してしまう苦しさもあったかもしれない。
→ 昨今は作家に読者がつくなら雑誌で連載する意味が薄れていて,講談社ならコミックDAYS連載で問題がないという判断になる。『K2』然り,実際に多くがコミックDAYSへ移籍して連載が継続した。モーニングはまだ当面大丈夫だろうが,アフタヌーンはすぐに後を追いかねないかも。


・もう死ぬほど大好きではなくなってしまったコンテンツを、死ぬほど大好きだった時の義理みたいなものだけで何となく情報だけ仕入れていて悲しい感じ(Togetter)
→ 割りとわかる。ただ,自分としてはネガティブな感情ではなく,それはもう時間の流れで熱が失われたり,公式と方向性の違いが発生したりするのはしょうがなかろうと割り切っている。自分にとっての赤松健作品の,『ネギま!』や『U.Q.HOLDER』の後半はまさにこの状態で,それでも結末だけは見届けてやろうの精神で追っていた。あとエロゲ業界に対してもこの感情があったが,最近はとうとう情報すら収集しなくなってしまった。逆に『咲-Saki-』はまだまだちゃんと好きで追っているんだけど,自分の周囲が割りとこの状態の人が多い気がしてやや寂しいところ。
→ コメント欄やはてブで指摘されているが,最近のコンテンツは終わりがないのが終わりなので,コンテンツ受容者の側もどうしても熱を保ち続けるのが難しいのかもしれない。しかも義理で情報だけ仕入れるのは難しくないのでなおさら。これからのオタクは義理で情報だけ仕入れるコンテンツだらけになっていくのかも。  
Posted by dg_law at 12:00Comments(0)

2023年10月04日

インドネシアの政治なんもわからん

・インドネシア、婚前交渉犯罪化へ 刑法改正案を可決(ロイター)
→ 昨年の12月のこと。記事中にある通り「黒魔術、大統領や国家機関への侮辱、国家イデオロギーに反する意見の拡散、無届けの抗議活動を禁止した」という刑法改正の一環。報道が婚前交渉犯罪化の一点に集中しているが,むしろ大統領や国家機関への侮辱辺りの方が民主主義の危機ではないか。「黒魔術」の禁止は意味不明である。ついでに「汚職贈賄罪の刑期短縮」もついてきたそうで,道理のない改正である。「インドネシアの刑法は植民地時代に制定されたもの」だそうだから改正の気運があったのはわかるが,もののついでであまりにやりたい放題である。
→ さらにこの国会の出席者が575人のうち18人に過ぎず,オンライン参加等を含めても欠席者が285人に及んだという報道もあった。インドネシアはユドヨノ政権以降に民主主義が定着し始めた印象があったが,実態はこんなものか。非常に残念である。


・中国 江沢民元国家主席 死去 96歳 新華社通信が伝える(NHK)
・日中関係後退させた歴史観 愛国教育で反日デモ拡大―江沢民氏(時事通信)
→ とうとうポスト冷戦期の政治家も亡くなり始めた。小平が亡くなって最高実力者と国家元首が一致した最初の人物である。やっと蓋が無くなって長く政権に就くかと思いきや,裏でどういう駆け引きがあったのか無かったのかは知らないが,比較的短く2002年にあっさりと胡錦濤に政権を譲った。その胡錦濤も習近平に平和的に政権を譲ったところまでは上手く回っていたのだが……
→ 中国の経済発展で言えば過渡期に当たり,改革開放が始まって20年が経ち「世界の工場」の地位に上りつつある一方,胡錦濤時代のような超大国とも言えない微妙な立ち位置であり,意外に舵取りの難しい時期だったのかもしれない。その中で力を入れた愛国主義教育は,イデオロギーとしての社会主義に成り代わる共産党の正統性の理由になりえたかは疑わしく,その後の外交関係(特に日中関係)を見るに逆効果だったか大して効果が無かったように思われる。今にして思えばその中途半端な大国としての舵取りの難しさがそこに出たのかなと思った。  
Posted by dg_law at 12:00Comments(0)

2023年10月02日

さしづめ猪地獄と命名すべきだろうか

・那須の殺生石にイノシシ8頭死骸 九尾の狐伝説の地、有毒ガスか(下野新聞)
→ 殺生石の伝承で言えば,2022年3月に真っ二つに割れたことで九尾の狐の妖力が解消されたことになるはずだが,自然現象は空気を読まないのであった。
→ 野生動物も(当然ながら)火山性ガスには野生の勘は働かずあっさり死ぬ。この間,福島県の東吾妻山麓の浄土平に行った際,そのビジターセンターの展示で,「一切経山の中腹はよくキツネが死んでいるので狐地獄と命名された」とあり,狐が死んでいる写真も掲示されていて,あまりにもそのままな命名に笑ってしまった。日本各地で同じような命名の窪地がありそう。


・【報告】ねとらぼを退職しました(&この10年でやってきたこと振り返り)(てっけん|note)
→  確かにねとらぼがジャーナリズムをすごくがんばっているなと思う記事がいくつかあった。その事情がここに。漫画村と香川県ゲーム条例以外だと,とらのあな大量店舗閉鎖の取材とか,サントリーグループ残業代未払い問題とか。
→ それ以外にも,「ネコとジャーナリズムのバランス」問題等,示唆に富む記事で,古巣に迷惑をかけていない内容であることも含めて良い退職かくあるべしという記事。


・【アップデート】現役小学生にインタビューして、令和の小学校あるあるを完成させよう(オモコロ)
→ オモコロらしい傑作。「うんこを茶化す人がいない」「教室がうるさすぎて先生が職員室に返ってしまうことがなくなった」辺りは改善されていて,良い感じ。それでも改善されない黒板消しクリーナー,企業努力で何とかならないものだろうかw。「ランドセルがカラフル」なのはいかにも現代的。逆に「鬼ごっこでバリアを張られる」「体操服袋を蹴りながら帰る」が全く変わっていないのは,小学生の精神の不易を感じてよい。  
Posted by dg_law at 12:00Comments(3)