2005年07月14日

mission impossible(3)

英1の試験も何とか切り抜けて安心したので、いよいよこの計画も本格的に進めたい。

まず、宮本教官についていろいろ情報を集めた結果、「評価は優しいがかなりマジメな人」ということらしい。多分、シャレは効かない。となると、やはり問題にはマジメに答えつつ、何とか話を誘導してカップめんの話を切り出すという方向になりそうだ。

そこでとりあえずカップめんの気持ちになってみようということで、生協と最寄のコンビニから合計6種類のカップめんを買ってきた。そしてここ二日間、カップめん以外食べていなかった。

そのことを話すと友人Sに「スーパーサイズミー(※)みたいになるなよ」と言われた。むしろ縮んでるんだが。常に空腹状態だ、と答えたら、「じゃあminimalize meだろ」といわれた。悔しいが反論できない。果てしなくどうでもいいが、super size meのsizeは -ize(〜化する)との掛詞ということにさっき気づいた。ほんとにどうでもいい。

健康に危険を感じたので、久々に食堂で夕食を食べた。うまかった。既に舌がおかしくなりつつあるのかもしれない。しかし、カップめんを食べるとはどういうことか、この過酷な試練の中でわかりかけているような気がする。多分、爆裂カップめんの中の人もこんな心境だったんだろう。(※2)


人間1をマジメにとっている友人Tに講義の具体的な内容をを聞いてみると、(とは言っても彼もあまりマジメに受けていなかったようだ)

「韓国の恨み、ショアー(ホロコースト)、デカルトと存在神論、記憶と自己同一性から1問または全て」

だそうだ。「1問または全て」ってなんだ。はっきりして欲しい。しかし聞けば聞くほどカップめんなんてぶっこんだら怒られそうな講義内容だ…しかし、今となっては引くに引けない。俺はやる。実際問題、1問ならなんとかする自信がある。全てに解答せよ、と言われたらその時はあきらめるか。

さらに、困ったことに過去問もシケプリもネット上に落ちていなかった。どうやら得られる情報はこれだけのようだ。何か知っていることがあったらどんどん教えてください(平伏)
※ スーパーサイズミー
全米をマックだけを食べて旅行し、勧められたら全部スーパーサイズにするという、聞くだけで吐きそうになることを監督自ら一ヶ月続けた映画。あやうくマックに訴えられるところだったらしい。そりゃそうだ。なお、管理人はまだ見ていない。いつか借りてくる予定。

※2 爆裂カップめん
カップめんの御湯を、様々な飲み物に変えてやったらどんな味になるかということをカップめん150食以上でやり続けた伝説の企画。4年ほど前に終了した。そのチャレンジ精神は、ある意味管理人の師匠とも言える。なお現在では書籍化され、ネットから生まれた書籍の先駆ともいえる。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
2日間カップ麺くらいなら余裕でできそうなんだけど俺…(そもそも実態がそれに近いし)。
ジャンクフードばっか食べてると動く気がなくなってくるので注意。
Posted by D.i.L at 2005年07月15日 01:51
君は不健康すぎ(苦笑)

しかし
>ジャンクフードばっか食べてると動く気がなくなってくるので注意。
これに同意できる自分もそうとうヤバイw
Posted by DG-Law at 2005年07月15日 20:22