2005年07月20日

Mission impossible(4)

今日の1限。やってきた。なんかもう疲れたが、責務として書いた答案をさらす。どうでもいいがテスト出席率4割ってどういうことだ。皆切りすぎだろ。また、「裏まで埋めてくれますよね?」と教官が試験中に言っていたのに対し、ほとんどの受講生が表すら埋まってなかったが、自分はきちんと裏3/4まで埋めた。いろんな要素が重なって、けっこう有利かもしれない。とりあえず、詭弁をごまかすべくいろんなところから権威となりそうな人物を引っ張ってきて、いかにも「教養あふれた文章」となるように細工したつもりだ。友人Tには「カップラーメンからベンヤミンのパサージュ論を持ってくる奴は初めて見た」といわれた。そりゃそうだろう。本人だって思いつきなんだから。感想を一言で言うなら、こんなことするくらいならまともに解いたほうがよほど労力がかからない。


以下問題。

次の4題から2題選んで論述せよ
.轡腑◆次淵曠蹈魁璽好函砲砲弔い董特に記憶との関連において
記憶と自己同一性の関係
デカルトと存在神論について
ご攅颪痢嶌─淵魯鵝法廚砲弔い

試験時間 80分 持ち込み不可

以下、解答。ほんとにそのまま載せる。細部やら言い回しが多少違うだろうけど。


最初に教官にお詫び申し上げたい。自分はこれからカップラーメンの作り方に絡めて答案を書く。これは「カップラーメンの作り方で答案を書けば『可』が来る」という駒場の都市伝説を確かめるというある種の実験であり、このような実験に教官の手をわずらわせてしまうことに関して、お詫び申し上げる。しかし、自分はマジメにこの講義に対して勉強し、マジメな答案を作り上げるつもりである。この答案読んでやはりばかげていると思われたなら容赦なく「不可」を漬けていただいても自分が恨むのは筋違いであることは承知している。しかし、おもしろい試みとして認めていただけるならば、これは望外の喜びである。なお、自分は単位にも点数にも困っておらず、窮鼠猫を噛む状態でこのようなことを行っているわけではないことを付記しておく。


ハイデガーの同一性を求める実存主義哲学が、ショアーの思想的根幹となったという事実は疑い得ない。ここで、カップラーメンの作り方を考えてみよう。

1、御湯を沸かす→2、ふたを半分あけて御湯を注ぎふたをする→3分待つ

たったこれだけである。自分は一週間かけてカップラーメンを食べ続け調査したが、多少の違いはあるものの大きな違いは見られなかった。これは「食べる」という人間の最も基礎的な行動の一つを簡略化しているといえる。しかしこれは同様のことが他のインスタント食品や冷凍食品、ファストフードにもいえることである。「スーパーサイズミー」という映画がある。これはハンバーガーを一ヶ月食べ続けたらどうなるかという実験を監督自らが行ったコメディータッチのドキュメンタリー映画であるが、案の定監督はドクターストップとなった。自分も今日まで一週間カップラーメンを食べ続けたが、今非常に体調が悪い。これらの事象は一つの食べ物に固執することの魅力と危うさを伝えているのではないだろうか。"The third Chinpamzee"や"Guns,Germs,and Steels"の著者であり人類学者であるジャレド・ダイアモンドも、こう指摘している。「農業が始まり極端な単一作物に頼った生活を始めたことで、人類は世界的に不健康になった。中世から近世にかけての人間の身長は、現代はおろか、古代の人間にさえ劣っている。」このように、カップラーメン一つを取ってみても同一化の危険、そして差異の重要性という現代思想の片鱗が見えてくる。

アメリカンポップアートの先駆者であるアンディ・ウォーホルはあの有名な「キャンベルスープ缶」の絵を描いた。これは言うまでも無く現代消費社会の持つ同一化傾向に対する皮肉である。しかし、あの大量のキャンベルスープ缶は一つ一つ微妙に差異を持って描かれているという事実をご存知だろうか。これは、ベンヤミンのパサージュ論で述べられている通り、現代社会は消費が同一化すると同時に欲望が細分化されていることに対しての、二重の皮肉が込められている。そして、カップラーメンは第二のキャンベル缶となる要素を十分に秘めているといえるだろう。

∪間山荘立てこもり事件については、おそらく自分よりも教官のほうが記憶に残っているだろう。というか自分はまだ生まれてすらいないのだが。このとき山荘を包囲した警察機動隊が主食として食べていたのが、カップラーメンである。このとき日本中の注目を集め、大ヒットにつながったといわれている。その後四半世紀にわたりヒットし続けたこの商品は偉大と言うほか無い。このとき山荘に立てこもっていたのは日本赤軍であり、彼らが目指していたことは日本社会の共産主義による同一化だが、このとき包囲していた警察の主食のカップラーメンが間違いなく食の同一化に加担したことを考えると壮大な皮肉であるとしか思えない。

ここで今残り時間が15分になったわけだが、だんだん自分の行動に懐疑的になってきた。なぜ自分はこんなことをしているのだろうか。このテストは、間違いなく自分のトラウマになるだろう。もう当分カップラーメンは食べたくない。身体に悪い以上に、精神衛生上良くない。しかし、ショアーのサバイバーが戦後20年以上経過してから自分たちの物語を語り始めたように、成績が返却されたときには自分もこの物語を語らねばならないだろう。もうこんなバカな行為をする生徒が出ないように。それがこの実験の責務というものである。最後にこの実験を自分にさせたものは何だったかということを考えると「他者との差異化を図りたい」という現代の若者的精神である。このような精神が自分の心の中に残っていたということが確認できた、すなわち自分のアイデンティティを確認できたということ。これこそがこの実験の成果ということもできるだろう。


この記事へのトラックバック
相変わらず外が騒がしいので、昼間に書いておくことにした。 さて、ここで何か書いてしまった気がするので、 半分捨てているテストを嬉々として受けるべく、自分にハードルを課そう。 ちなみに、「言い訳は…」とか書いてるけど、この間自分も 一度消してしまったレポ
せめて読んで面白いのが目標【目の付け所が斜陽】at 2005年07月20日 16:13
この記事へのコメント
Congratulations! Mission complete.

・・・to be continued.
Posted by 表裏比興な人 at 2005年07月20日 13:56
最初と最後の言い訳は観察したい変数と別の変数を放り込んでしまうような。
それやった瞬間に、このテストの評価は内容の評価から離れて
「あなたは都市伝説に肯定的ですか?」という教員への問いに変わってしまう。
少なくとも、内容が純粋にどう評価されるかはもう一生分からない。

それって「単位無いから同情で単位ください」って書いた上で書くと
例え単位が来ても来なくても、その文無しでの内容評価がどうだったか
後から調べることができないのと同じで。

内容がちゃんとしてるだけに勿体無いと思った。
理由を述べずにカップラーメン使った方が虚を突いて良かったと思うし。

というわけで、自分は現教論で言い訳無しでカップラーメン使ってみます。
Posted by henri287 at 2005年07月20日 15:00
Thanks!>表裏比興な人

やっぱりそう思うかね?>henri
う〜ん。あれ入れようか相当悩んだんだよね。
宮本教官マジメだから、ああ書けばマジメに読んでくれるかなという期待をこめたんだが……今になってやや後悔。

そっちは現教で、言い訳無しでがんばってくれ。
Posted by DG-Law at 2005年07月20日 15:24
 よくがんばった。また夏に会ったときに大いに語ってくれ。


 実は、俺も似たように倫理学のレポートで「現代科学思想について考察せよ」って課題に「スタートレック(アメリカのSFドラマ)における科学思想の分析」という題で1600字書いた。教員の年代を考えると、おそらくスタートレック自体は知ってると思うので、たぶん単位はくる。まあ詳しくは夏に。


 あ、あと追記するなら、法学の授業で出た「靖国問題についてどう思うか」というレポート課題に「ぶっちゃけ靖国問題なんてどうでもいい」と書きましたが、昨日少なくとも「可」はもらえることが確定しました。
Posted by 白野燕 at 2005年07月21日 05:27
それじゃまだまだ甘いぜ。ギャラクシーエンジェルにおける科学思想の分析ぐらいじゃないと、ネタ的に不可だなw

あと、靖国問題は「ぶっちゃけどうでもいい」と書くくらいなら「靖国問題は、カップラーメンの3分間くらいどうでもいい。なぜならこの問題そのものは本質ではなく、いわば日中外交問題において、カップラーメンのお湯ほどの意味しかもっていないからだ。」くらいのクオリティが欲しいところだね。
Posted by DG-Law at 2005年07月22日 00:27