2006年03月28日

第52回「論理哲学論考」ウィトゲンシュタイン著 野矢茂樹訳 岩波文庫

なぜだかわからないけど、毎年全国大学生協売上一位になっている本。どうやら大学生は論理哲学論考を読むらしい、ということで自分も読むことにした。しかし、のっけから意味がわからない。論理的かどうかも判断できないレベルで思考が難解。これを一発で解読できる人は本当に天才だと思う。ウィトゲンシュタインの師匠であるラッセルすら、完全には理解してなかったようだし。

わけわからなくてもいいじゃないか、という気はする。翻訳をなさった野矢先生も初めて読んだ時に「よくわからないけど書いてることはかっこいい」と感じたから、今の自分がいると述べていた。読了した時、自分もそんなもんなんだろうな、と思った。

ところで、ものすごく思考が難解なわりに自分でも論理的に絶対おかしい場所が見つかる辺り、なんだか抜けている。ウィトゲンシュタインは後期になって自分の思想をかなり書き換えたらしいが、それも当然だと思う。それでもこの本が売れ続け、影響を与え続けているのは、やはりそれだけ「なんとなくかっこいいから」だと思う。一歩間違えばただのペダンティックな変人を養成しかねないこの本だが、一度くらいはペダンティックな気分を味わってみるのもいいかもしれない。

でも、自分は絶対この本の研究に一生をささげる気は起きない、とも思ったが。


論理哲学論考


この記事へのトラックバックURL