2010年08月19日

C78の戦い 三日目

二日目より。

今回も楽しい二日間でした,とここに書ける幸せ。


15日
日付が変わった頃に全員起床。ネ右も自分の下宿から再び我が家へ。今日も今日とてタクシー出動が確定していたので,4時間ほどの時間をのんびり過ごす。もはやニュー速VIPブログのまとめを読まないとコミケという感じがしない病。ひとまず二日目をチェックして,何が起きていたのかを知るのは当然の行為である。一通りけたけた笑ったら,今日はチェックリストを忘れないようにしっかりと持ち物を確認し,午前4時少し前に家を出て,タクシーを確保した。今日はkomeも最初からいるので,4人でタクシー。

4時半少し前に到着し,今回も「東駐車場入場待機列」に並ぶ。列のはけが早く,5時前には駐車場に座れた。C-4列で,まあこんなもんだろうという感じ。そういえば昨日書き忘れたので書いておくが,東京湾の埋め立てが進み,東駐車場の面積が前回比で約4倍に増えていた。そのおかげで,以前よりもかなりゆったりと列が形成されるようになったし,それでもまだ以前よりもかなり多くの人を東駐車場に待機させることができるようになった。コミケ反省会で聞いたところによると,「今までの3倍以上の人が東へ行き、西側の行列が短くなった」らしい。

komeは西に並んでいる別の友人グループに混ざりに行くということで離脱。そちらのグループは西の入場待機列に並んでいた。komeについていって西の一般待機列を見に行ったが,徹夜組の数は増減ないものの,確かに待機列が異常に少なくなっていた。具体的に言うと,午前5時の時点でまだ階段真下までしか列がなかった。これは確かに東に人が流れていると言える。今日西や企業に並んだら楽勝だろうなぁと思ったが,自分は特に西で買う物が無く,つまりkomeに頼むべきものもなかった。意味がない。

さて,そうすると後は本日サークル入場のあっちゃんが来るのを待つのみで,彼が来れば自分とORAが離脱し,東駐車場にはネ右一人になってもらう手筈であった。しかし,待てど暮らせど連絡が来ない。サークルチケットは9時になった瞬間その効力を失う。彼には昨年冬に遅刻欠席の前科があったため,確実にサークル入場できるかどうかは大変不安であったのだ。8時ちょうどになって「今新宿」というメールが届き,判断に迷う。東の待機列は8時半になると列の圧縮が始まり脱出不可能になるため,あっちゃんを信用して駐車場を出るなら,今が最後のタイミングであった。「30分あれば,新宿から国際展示場まで来れるだろう」とふみ,あっちゃんを信用することにした。が,東駐車場を出て10分ほど経ったところで,「8:43に国際展示場着」というメールが届き,絶望的な気分になる。あのりんかい線の駅から,西のサークル入場口まで15分で着くのか。

8:30頃に西のサークル入場口に到着。あっちゃんの登場を待つ。8:45ともなると,さすがにサークル入場者数も減ってきた。するとスタッフの方が「待ち人来たらず」の集団を一カ所に集め,以下のような宣告を告げた。「今,階段の下で封鎖し,流れを止めています。この後8:55に一回だけ封鎖を解除します。そこで,お待ちの方が来なかったらアウトです。」(※ わかる人にだけ言うと,封鎖されているのはやぐら橋の階段のふもと。)おいおい……マジ震えて来やがったぜ……怖いです。「これほどFF6のシャドウを待つ気分を味わえる体験は他にないな」と言ったら,ORAに「俺らの場合,シャドウが来ないというより飛空挺が来ない感じだけどな」と返された。はい,まさにその通りだと思います。なお,あっちゃんは8:58に現れた。無事にサークル入場できたが,これほど心臓に悪かったコミケは初めてである。

9:05にサークル到着。東の4の端っこで,ギャルゲ配置であるためアイマスゾーンが大変に近い。良いことである。設営は5分で終わったが,シャッタースタートではないためあっちゃんとしばし近況を聞く。彼もなかなか大変そうである。(サークル入場の場合の買い専の身の振り方については以前書いたことがあるが,ここでも再度記しておく。最初に行くサークルがシャッター前である場合のみ,いきなり外周に出る。この場合シャッターが開くのは9:30であるが,外周に出るための列自体は7:30頃からシャッター手前に次第に人が集まり,8:30頃から列形成が始まる。なので,できれば7:30の段階でサークル入場しておきたい。逆に,最初に行くところが島か普通の壁である場合は,10分前まで自分のサークルでくつろいでいてもよい。列形成が始まるのは5分前の9:55からだからだ。)


あっちゃんはもちろん最初は店番。10時開場で,自分はまずパンダが一匹。を確保。2分で買えた。ビールジョッキはORAに頼まれていたが,1限でループする気にもなれなかったので,彼には涙をのんでもらった。ビールジョッキを持って走り回る気にはなれなかったので,すぐに自サークルに戻ってきて,あっちゃんにビールジョッキを預けて再び旅立った。次は優先順位的には東123にあったFrench letterだったが,11時までは東123と456の間の行き来が不可能であるため,あきらめる。そうして次に行ったのはDNA Labであったわけだが,ここは列が20mほどしかないのに1m進むのに3分かかる牛歩であったため,1時間かかった。品物数が多いにしてもねぇ……

結果的に11時を回ったため,この時点で東123に行き,まずはFrench letterへ。が,ドロワセットは売り切れていた。まあそうだよね。パンツセット(フラン)は自分が買ったのがジャスト最後の1つであった。一応レミリアのほうが人気あるんだなぁ,と謎の納得をする。「ヴァンパイアバンド」の環屋はネ右が買いに行ってくれたので自分は行かず。既刊も入手できた。星狩座・54BURGERだけ買って,あとは東2の評論ゾーンをぶらぶらと。Paradoxical Libraryでニコニコ動画のデータ分析を買ったほかだと,イグノーベル賞ファンブックの最新刊と,「欧州職人談義」という本を買った。まだいずれも読んでいない。

11時40分頃,評論ゾーンも見終わったので東456に戻り,一度あっちゃんのサークルへ。いい加減DNA Labのでっかい紙袋を持って移動するのがしんどくなったので置きに行ったら,売り子があっちゃんからネ右に変わっていた。彼はfrom-D・環屋・つぶあんを買った後はKEYゾーンでAngel Beats!の本を見,ストパンゾーンを見た後ここに戻ってきたらしい。なんと,from-Dが買えていた。そこに驚きである。ネ右に前半の戦利品を預けると,再び旅立ち第二ラウンド開始。パンダ以外は後回しにしていたアイマスの島を買いに出かけた。割と衝動買いする気はあったのだが,結果的にチェック付けたところしか買っていない。もう開拓も限界かなー。

12時半頃,今度こそ帰還。今度はあっちゃんもいた。彼は物を買いに行っていたというよりも,タバコを吸いに出かけていたようだ。サークルの頒布物も完売し,だらだらと三人でだべる。13時頃,komeが西から帰還。13時半頃,最後にORAが帰還して,全員そろった。サークルを片付けて撤収。別方向のあっちゃんを見送る。残り4人は我が下宿に帰るのでりんかい線に乗る予定であったが,あまりにも全員へばっていたのと(ここで元気がない辺りに老いを感じる),4人ならタクシー代大したことなくね?という発想から,なんと帰りもタクシーに乗ってしまった。なんというか,いろいろ金で解決してるよなぁ。

15時頃下宿着。物品のやりとりとしばしの休憩の後に,ORAは東京駅へと向かった。二日連続の銭湯に行き夕食を食べたところで,ネ右は自分の下宿へ。komeは翌日,サントリー美術館に行くことになっていたので,もう一泊していくことになった。これにて今回のコミケも終了である。



さて,あとは戦利品紹介。まず,ぷちえごのエロ本。あれなら無理に漫画にせず,イラスト本でよかったと思う。というよりも,イラスト本と漫画本の区別がつくほどコマ割りされてないので。内容は大変エロくて良かったと思う。しかし,フラパチェ本って珍しいよなぁ,今回は咲夜がかかわってたけど。

蛸壺屋のthat is it。某所にも書いたが,三部作の締めとしては十分な出来で,一冊目で「かわいそうだなぁ」としか思えなかった梓に対する見方が変わった。梓がHTTの終焉を受け入れたシーンが秀逸な出来で,これは単に話題になってしまっただけの類の同人誌ではない。原作からはかけ離れているが,原作を知っていて覚悟があるなら読んで損のない三部作。



この記事へのトラックバックURL