2016年04月02日

Pasmo以外持ってないや

・【東方】永琳と純狐が会って何を話すのか気になる(2ch東方スレ観測所)
→ 優曇華のプロデュース方針以外に話すこと無いのかw
→ 優曇華の扱いは横に置いておくとしても,この二人の絡みは見てみたい。永夜抄組と良い二次創作の鉱脈が開かれていると思う。儚月抄であれだけぐちゃぐちゃになったところから,上手いこと立て直した感ある。永夜抄好きなので,神主ありがとう。もっとも,本人も多分気にしてたんだろうなとも思うけどw


・マガジンの麻雀漫画・甲斐谷忍「無敵の人」はどこへ向かうのか(近代麻雀漫画生活)
→ 週間少年マガジンで麻雀漫画は,ひょっとして『哲也』以来? 私は天鳳を全くやらないのでこの説明はありがたい。 取り上げられている1話の八萬の件は普通にミスらしい。
→ 先週までの展開は普通に面白い。主人公と,当面のボスっぽい人以外は一切特殊能力を持っていなくて(この二人の能力もオカルトでない),主人公が相手を蹴散らしていく展開はまさに「無敵の人」。当面のボスっぽい人に当たるまではこの展開が続くのかなと思う。
→ 麻雀の描写で言うと,主人公の能力が効かない・効きづらい人が現れて,しかし主人公はそれも乗り越えていく,という話作りでここまで来ているので,そろそろもう一捻り欲しいかなとは。


・共通ポイントがカオス化してきてる(増田)
→ 力作。よくまとまっていてありがたい。
→ 自分ではあまり興味もないこともあって全然把握していなかったし,現実的にTポイントしか使っていない。生活インフラの中心がファミマなので,どうしたってTポイントが便利なんだよなぁ……
→ これに電子マネー勢力争いの図を重ねると尚更カオス。誰か作ろう(提案)


・日韓慰安婦問題合意 外相会談「最終かつ不可逆的に」解決(毎日新聞)
・慰安婦問題、歴史的合意を待ち受ける課題(ニューズウィーク日本版)
→ これは昨年末にあった大事件だけれども,現時点では全く何とも言えない。日韓双方にこれでは納得できない人がいるが,じゃあ破棄されるかというとそれが許される国際社会の状況でもなくなりつつあるような気はするし。
→ 一つ言えるのは合意に至ったこと自体が青天の霹靂で,内容面も思ったよりも練られていた。10億円という金額の多寡は横においておくとしても,ニューズウィークの記事で触れられているように,アジア女性基金の欠点を踏まえた内容ではあるように思う。加えて言うなら,随分韓国側が譲歩した内容にも思えた。パククネ政権側に飲まざるをえない事情があったのだろうか(無論,アメリカを主とした西側諸国に「対中を踏まえていい加減日本と仲直りしろ」と圧力がかかっていたのはあろうが,それだけで? という意味で。)
→ まあ我々が心配すべきは,非常に陳腐な一般論にしかならないが,日本側の破棄を狙っている人々の動向としか言いようがない。安倍首相が,というよりも自民党政権がどの程度真摯に償う気があるのかはこれまでの事情から疑われているわけだが,少なくとも韓国国民が「日本は本気で反省した」と思わせられるような態度でないと,合意の意味はなくなるだろう。慰安婦自身たちは当然として,この場合は韓国国民全体の問題でもあろうから。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
管理人様は韓国に詳しくないのだと思いますが

韓国国民が思う「日本は本気で反省した」という態度というのは
韓国の言う「軍による強制」および「性奴隷」と事実として認め
日本の歴史教科書にも韓国の言うように書き日本の子どもたちに教え続け
日本人が永遠に韓国人より"道徳的に劣る"ことをアピールし続けることですよ

つまり不可能なんです

参考
http://ch.nicovideo.jp/ooguchib/blomaga/ar715148
http://ch.nicovideo.jp/ooguchib/blomaga/ar611983
http://ch.nicovideo.jp/ooguchib/blomaga/ar955834
Posted by 名無し at 2016年04月11日 22:21
多分,貴方より詳しいと思いますよ。だって,その議論がすでに二周遅れだってことを知ってますから。そして,ここでそれを言い争っても全くの時間と労力の無駄になるであろうことも。


なので,その上で二つだけ言います。
まず,“仮に”(あくまでも仮に),韓国側でそういう政治的思想が主体的であるとして,「「日本は本気で反省した」と思わせられるような態度」を採ることがその目論見を潰すという発想は無いでしょうか。あるいは向こうが原因で合意が破棄されても,日本は外交上優位になりますよね?
というよりも,安倍さんが今回の合意に至ったのは,まさにこの発想も一つにはあるわけです。だからこそ,安倍さん自身が自民党内の「反省していない態度」を取る議員の存在を警戒しているのであり,自らの重要な外交成果を毀損されるわけにはいかないわけです。この点,自民党の最右派と首脳陣は必ずしも意見が一致していないと見受けられます。
私自身も,この合意が破棄されることは(慰安婦への償いという本来的な意味は横においておくとしても)“日本の国益上”良いことではないと考えます。

次に,貴方の敵だと思っている人たち,「反日」的だと考えている人たちの言っていることを,“反日的だという色眼鏡を外して”ちゃんと読んでみてください。彼らは彼らで日本の国益を考えている(人もいる)ということがわかりますし,わからないうちは周回遅れです。
その上で,自分の考えている国益とはずれている,と考えるならそれはそれで結構です。
Posted by DG-Law at 2016年04月12日 19:47