2016年04月19日

むしろ「テクニックで解ける」ならそれでよいのか

・もし清盛が、平治の乱後、頼朝の首を切っていたら?(歴史的速報@2ch)
→ 大体出ている通りの展開になると思う。いずれにせよ以仁王の令旨から治承・寿永の乱が起きる→木曽義仲の挙兵は変わらずに起きる→清盛死後に京都陥落→西国の大飢饉で戦線膠着,までは史実通りに展開するのでは。ここで関東・東海の覇者になっている勢力が誕生していれば概ね史実通りにその後も展開するだろうけど,頼朝抜きにそんな奴が登場するかと言われると,いないだろう。
→ そうすると,義仲亡き後の北陸も群雄割拠に戻るだろうし,朝廷をかつぎ西国の盟主として君臨する平氏政権と,群雄が割拠する中部・関東,奥州藤原氏政権の3つに分裂したままかなりの期間を費やしそう。中部・関東の諸勢力も,平氏政権に名目上は従うものと,名目上も従わないものに分かれていそうで,なんというか中世イタリアのゲルフとギベリンを髣髴とさせる分かれっぷりに。
→ まずいのはそこで元寇が来た場合にどうなるか。西国の盟主であり,名目上は朝廷の支配者である平氏政権が対応することになるだろうが,勝てるかはかなり難しいところ。勝ってもこれが原因で西国の統治が乱れて余計に分裂がひどいことになりそうだし,負けた場合,高麗のように天皇の血筋にモンゴルが混ざって,後で揉める材料になるか,アッバース朝カリフのごとくそもそも断絶させられるか。いやまあ,平氏政権が意外とがんばって追い返して平穏無事という展開もなくはないがw
→ なお,これも指摘されている通り,義経や範頼の首が切られてなかったなら頼朝に代わる大将にまつりあげられていた可能性はあるものの,鎌倉幕府自体が頼朝個人の才覚によるところが大きいので,史実ほど上手くはいくまい。奥州藤原氏がどさくさに紛れて南下し,北関東や越後を手に入れて義経を奉じていたら,それはそれでおもしろくなりそうだけども,「信長の野望」の域は出ない。


・センター試験で出題された囚人のジレンマゲームの記述に納得がいかない人(Togetter)
→ これは明らかに出題ミスで,囚人のジレンマに則るなら,というよりも囚人のジレンマを知らなくても問題文から推測すれば,「相手の行動が読めても読めなくても」協調には至れないのが正しいのだから,1〜4に正解の選択肢がない。
→ 反論として出ている 「3が相対的に適切」「テクニックで解ける」という意見は決定的に間違いで,受験世界史悪問集の方では散々書いているが,入試問題にも学問的正確性はある程度要求されるし,教科書範囲を超えた知識を持っている受験生がかえって不利になる試験だけは絶対に避けなければならない。
大学入試センターは受験生の混乱を避けるために極力こういうのには訂正発表を出さない。「3が相対的に正しいから(震え声)」で押し通してしまうことが多い。案の定,今回も出さなかった。受験生の混乱と学問上の公正,いずれかが大事かと言われたらさすがに後者だろうと思うのだが,なかなかそうはいかないようだ。
→ なお,囚人のジレンマは高校の政経の教科書に大体載っている。国際政治のページを開いてみるとよい。なので,そもそも範囲外からの出題では? という批判はさすがに当たらない。
→ 世界史でもあったし,今年のセンター試験の社会科ボロボロじゃないですかね。新テストが導入されるからってやる気がなくなりすぎでは,という指摘もある。


・旅行者は注意…アメリカの警察が「あやしい」理由だけで、所持金などの資産を没収する例が増加(らばQ)
→ アメリカはアメリカで歪んでいるというか,これに限らず,たまにこういう発展途上国の不正かよって話を聞くので,よくわからない。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
自己の利益を追求する以上、相手の出方に関わらず非協調を選ばざるを得ない、というのが囚人の“ジレンマ”たる所以ですからね…

ところで、明確な正答はないながらも相対的にまあこれが答えだろうという解法は往々にしてセンター国語で見られますが、どう思われますか?

国語という科目の性質上、選択肢の間違い探しをするのが手っ取り早いためでしょうが、正答とされる選択肢も記述式で満点になるとは思えないものも多いです。
Posted by 通りすがり at 2016年04月19日 11:28
センター国語(というか現代文)は専門外なのであまり言及してこなかったんですが,実際ひどいですね。特に小説は予備校の講師でも,センター試験の公式発表の解答に違和感を覚えることがあると聞くので。
自己の経験を振り返っても,あれって「相対的に正しい」選択肢探しになっちゃうことが多々あるんですよね。不毛ですよ。
あれも何とかすべきだと思います。
Posted by DG-Law at 2016年04月20日 00:05
1Aが激難化した年に予備校講師が課程の変わり目は問題作ってもどうせすぐ使わなくなるから今までボツにした中からマシなのをえらぶようになって問題の難度がおかしくなるみたいな話をされましたが
この話が本当かは別として似たようなことになってるのかもしれませんね
Posted by あ at 2016年04月22日 00:56
その話は私も聞いたことあります。
特に数学は課程の変わり目で難易度が激変しやすいんですよね。
大体において,課程最後の年が難しくて,課程最初の年が簡単過ぎるんですが。
それもそれでやる気のない話だなぁとは思いますが……
Posted by DG-Law at 2016年04月23日 13:57
参考ですが1997年以降のセンター試験の平均点の推移はこのようになっています。
http://examist.jp/centersiken-heikinten/

でこの表を見ると主要3教科に関しては英語の安定さに対して国語の乱高下っぷりが目立ちます。
でだいたいにおいて国語の難易度にセンター全体の難易度が依存する傾向があったり。
Posted by hts at 2016年04月29日 01:18
国語は不安定ですね。まあ上のコメント返しにも書いたんですが,問題自体があまりよろしくないこともあるので……数学も不安定ですね。
英語は毎年難易度が安定してますね。これは地歴公民もその傾向が強いです。
まあ英語や地歴は難易度を安定させやすい問題構成ではあるかなと。
Posted by DG-Law at 2016年04月30日 07:17