2016年09月24日

関西周辺部領土問題

・中部地方離脱問う条例案、7月にも提出 三重(虚構新聞)
→ この虚構新聞の記事は失敗記事で,マジレスすると,三重県は「東海地方」(あるいは名古屋経済圏)ではあるが,「中部地方」には元から入ってないと思う。要するに関西(近畿)地方・中部地方で括る時は関西地方になり,経済圏で区切るなら大阪経済圏ではなく名古屋経済圏になる,ということなのだろう。もっとも,本当に名古屋経済圏に組み込まれているのは北勢だけのような感覚も。志摩スペイン村からして近鉄資本では。
→ なお,この問題を語る際にめんどくさいのが,静岡県の扱いで,三重県を入れて東海地方を呼ぶ時には入っておらず,逆に静岡県・愛知県・岐阜県を指して東海地方と呼ぶ際には,三重県が入っていないことが多い。三重県・愛知県・岐阜県・静岡県をひっくるめて東海地方を呼ぶ事例は見たことがない気がする。これは,地理的に言えば静岡県を外すのは問題がある一方で,経済的・文化的な区分だと今度は静岡県は特異な存在になってしまうという問題があると思われる。遠江はともかく,駿河・伊豆になると名古屋とのつながりは薄かろう。これは三重県と静岡県に共通する,旧国をいくつか無理やりくっつけて県を作った弊害かもしれない。
→ さらに言えば,福井県も関西だったり北陸だったりするので,そもそも関西と中部の境界が曖昧過ぎるのでは。考えてみると兵庫県もヒョーゴスラヴィアと言われてるくらいだし関西周縁部は全部領土問題が。


・タレント宮地佑紀生容疑者を逮捕 生放送中に蹴った疑い(朝日新聞)
→ その東海圏の人間に衝撃が走った事件がこれで,それこそ宮地佑紀生の知名度で,東海地方の範囲が確定できるのでは,というくらい,東海地方では知名度が高い(逆に言っておそらく東海地方の人間しか知らない)タレントであった。いろいろな情報が流れたが,いまだもって宮地佑紀生がなんで突然キレたのか,よくわかっていないのがちょっと怖い。
→ この一件,他の地方にも同じポジションのタレントが当然いて,「◯◯地方なら誰々」というコメントが多々見られたのが興味深かった。「北海道で言う日高晤郎」「関西でいう浜村淳」らしいのだが,当然私はどちらも知らない。


・京大院生の書店スタッフが「正直、これ読んだら人生狂っちゃうよね」と思う本ベスト20を選んでみた。 ≪リーディング・ハイ≫(天狼院書店)
→ リストの中で自分も読んでいるのは『グレート・ギャッツビー』『高慢と偏見』『こころ』の3冊だけだったのだが,チョイスの方向性はよくわかる。「こういう人生(あるいは人生観)って,アリなんだ」と思わせられるもので,特異な人物の心理描写に優れたもの,ということだろう。であれば「人生を狂わせる」というリストの目標設定も理解できるところだ。実際,自分の読んだ3冊はどれもおもしろかった。
→ その基準を採用して,自分の読書歴からリストを作ろうとすると,やっぱり『カラマーゾフの兄弟』『アンナ・カレーニナ』『モンテ・クリスト伯』『レ・ミゼラブル』かなぁ。ありきたりですが。一方で,タイトル通り「人生が狂ってしまう」という基準だと,実は1作も挙げられない。小説で直接的に人生観が変わるほど衝撃を受けたことは無い。真に人生が狂った作品というと『ラブひな』と『Kanon』と『シスタープリンセス』(以下自粛)


・昨今の「貧困コンテンツ」ブームが危険な理由(東洋経済オンライン)
→ 初回記事をとりあえず張っておいたが,鈴木大介氏のこのシリーズ,おもしろいのでまとめて読むことを勧めたい。若年層の貧困の問題は当人の怠惰が原因では決してない,ということはよく知られつつあるところだと思うが,では実際に貧困と生い立ちと個々人の人格の相関関係は,というのを詰めていっているのが本シリーズになる。一言で言えば「貧困は連鎖する」「精神障害は貧困の大きな原因である」と言うのは簡単だが,その実相の闇は深い。
→ 毎週モーニングで『ギャングース』を読んでいるが,こういう鈴木さんのルポを読むにつけ,ここから漫画にできる話だけ抽出されてできたのが『ギャングース』であると考えると,その奥にある実話の闇の深さに毎回恐れおののく。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
関西周縁部だけでなく関東周縁部にも領土問題がないわけではなく有名なのが新潟県は関東か北陸か東北かという問題。
具体的には地理的に区分するのならば北陸(広い意味では中部)、経済圏として区分するのならば関東(関東甲信越という言葉があるくらいだからね)、インフラ的に区分するのならば実は東北(東北電力管内だったりする)という状態だったりする。

2地域で領土問題を起こすのは他にも山梨/長野…中部or関東、岡山…中国or関西、山口…中国or九州と他にもあるのですが三国志状態にまでなるというと新潟以外には多分ないかと…。
Posted by hts at 2016年09月24日 14:11
東海3県という言葉が存在するのに三重と静岡が東海地方として安定しないのは長年疑問でした。

結局東海3県と呼称する際は「名古屋経済圏」くくりで愛知・岐阜・三重の3県ってことでいいのか…と思いきや、調べてみると愛知・岐阜・静岡の場合もあるそうで(困惑)

なんで東海3県なんだ。4県にすればスッキリするのに(コ並感)
Posted by dai.jin at 2016年09月24日 23:16
>htsさん
実は新潟も事例に入れようかどうか考えいたんですが,唯一関西方面ではないので外しました。
電力の話は知らなかったです。なるほど,それは根が深い……

山梨と長野は中部(または甲信越)・岡山は中国,山口は中国の印象ですね。


>dai.jinさん

>調べてみると愛知・岐阜・静岡の場合もあるそうで(困惑)
なん……だと……
ほんと,なんで4県にしなかったんでしょうね……
Posted by DG-Law at 2016年09月25日 00:19
山梨に住んでいます。
地理的には間違いなく中部地方なんでしょうが、経済的にはなんとか関東の仲間入りをしたい(というか東京都に隣接してるという面目を保ちたい)というところでしょうか。
関東地方に山梨県を足して首都圏と言うんだ、なんて教わったりして、どれほど一般的な用語かは存じませんが、東京に擦り寄りたい県民性が垣間見える気がします。
余談ですが、どこかのレストランの店舗検索機能で、「南関東」に山梨、「北陸」に新潟が存在して「甲信越」に長野しかいないという謎の地図を見たことがあります。

ところで十数年前になりますが、山梨県南東部の道志村が、横浜市の水源になっていることを根拠に編入を希望して断られるというニュースがありました。一見して笑い話なんですが、村内では住民投票で可決されたということで、一歩間違えると洒落にならない領土問題に発展したんじゃないかとも思えます。
Posted by Cloe at 2016年09月25日 14:20
山梨県を首都圏に入れているものは,実際にはあまり目にしたことがないですが,「首都圏整備法」という法律上は「関東地方+山梨県」が首都圏という定義だそうですので,法律的に言えば間違っていないようですね。堂々と名乗ればよいかと思います。
一般的にはやはり中部地方で,小区分としては甲信越地方になるかと思いますが,これは地理的な事情に加えて,気候的な事情も大きかろうとは思います。

>どこかのレストランの店舗検索機能で、「南関東」に山梨、「北陸」に新潟が存在して「甲信越」に長野しかいないという謎の地図を見たことがあります。
それはすごいw。
実際に山梨は首都圏,新潟は北陸(または上のコメントにある通り東北)という選択肢がありますが,そうすると長野は浮いてしまうんですよね。

>山梨県南東部の道志村
東京都と神奈川県の「領土問題」であるところの町田市も,現在不自然に東京都に編入されている事情は明治時代の水源の事情だったそうですので,意外と根が深そうですね……



Posted by DG-Law at 2016年09月25日 19:05