2017年06月06日

人類は何万局も打てるのか

・さようなら、オバマ「あなたは史上最悪の爆弾魔でした」(プレジデントオンライン)
→ 少なくともこれがオバマの評価を難しくしているところで,どこまでがオバマの本心・意図だったのかはこれからわかっていくのだろう。無人機によって攻撃の心理的ハードルが一番下ったのはオバマ本人だったのだろうか。結果として中途半端な介入を繰り返すことになったのは,今のところ批判の方が強い。トランプ政権が有言実行でモンロー主義を復活させるのだとすると,オバマは積極的に外に出ていったブッシュ政権からトランプ政権への橋渡しになってしまったという評価にもなりかねない。この辺は本当にまだ見えない。


・マンガ『マスターキートン』の知識「砂漠ではスーツがいい」は本当か? マジの砂漠にスーツで行ってみる(それどこ)
→ 冷涼なイギリスで生まれた服がなぜw,と思ったが,逆に言ってスーツとかいうあの服,湿度が高い場所以外ではいけるということなのではないだろうか。そしてつまり,日本は最悪レベルに向いていないのでは。
→ 当然次の検証に期待がかかるところだが,無茶なのが多いからなぁ……w


・AI、ポーカーでプロ4人に圧勝 2億円超のチップ獲得(朝日新聞)
・なぜ人間はポーカーでAIに負けたのか? 日本トッププロが解説する“違和感” (ITmedia)
→ 上記事は朝日新聞の初報。下記事は日本人のトッププロによる詳細な解説。
→ 最初は「ほう,不完全情報かつ運の絡むゲームで」と思ったが,考えてみると運が絡むほうが差がつきやすいのかもしれない。人間はどうしても流れとか考えてしまうし,分岐が多ければ多いほど細かな確率は無視しやすいが,AIはそういうことはない。
→ 囲碁もそうだが,下記事にあるようにこうしてトッププロが「かえってゲームの新しい手法が見つかった」と喜ぶ流れを見ると,人類からゲームは滅びんなぁと。
→ こうなるとやっぱり完璧な麻雀のAIを見たいところで,選択肢が無限に分岐するのも精神的なものの影響が強くて押し引きの駆け引きがある点などもポーカーに近い。問題は「有意に強い」と言えるまでに何千局・何万局とかかる点で,1局にかかる時間も長いし,麻雀力以前の問題で人類が体力負けするような気も。(ところで,完璧な麻雀AIってそれは『咲-Saki-』の和さんではという話で,なるほど能力者級。)


・学校法人に大阪の国有地売却 価格非公表、近隣の1割か(朝日新聞)
→ この第一報がはや4ヶ月前。大きな問題になるにせよこんなに長引く案件だとは思っていなかったし,そう予想していた人も少なかろう。結局森友学園側が泥をかぶる形で学校設立にかかわるフローチャートは消滅に追い込まれたが,森友学園側にも疑いはある以上同情はできない。しかし,それ以上に国が明らかにすべきところを全く明らかにしていないので,本件がずるずると伸びている。明らかにタイムアップ狙い,国民が忘れるのを狙っているようなので,忘れずに追っていきたい。というか,籠池氏が破れかぶれでいろいろ出しているのにあまり効いていないように見えるのが何とも。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
・なぜ人間はポーカーでAIに負けたのか? 日本トッププロが解説する“違和感” (ITmedia)
のリンク先が
http://blog.livedoor.jp/dg_law/archives/target=_blank
になっています
Posted by ななし at 2017年06月06日 21:51
ご指摘ありがとうございます。
直しました。
Posted by DG-Law at 2017年06月06日 23:22
しかしスーツが本当に砂漠向きの服装だったとは…。多分湿度が低い地域向けの服装なんだろうねスーツの場合。
Posted by hts at 2017年06月07日 01:09
びっくりですよね。キーワードは湿気だったとは。
Posted by DG-Law at 2017年06月08日 07:31